無料の会員登録をすると
お気に入りができます

頑張らなくてもいつでもキレイ♡「散らかりにくいお部屋」をつくるコツ6選

2019年9月
ライフスタイル

お部屋がすぐに散らかってしまう…

毎回頑張って片付けるけれど、しばらくするとまた散らかってしまう。そんなときはまず、整理整頓の基本を見直してみましょう。

byryo / Getty Images

散らかりにくいお部屋作りのコツを知っておけば、努力をしなくても整然とした状態をキープできますよ。早速そのコツをご紹介します!

散らからないお部屋を作るコツ6選

①平らな面に物を置かない

家中で一番散らかりやすい上に目立つ場所と言えば、テーブルやキッチンのカウンターなどの平らな面です。家に帰って来たとき、とりあえず郵便物や鍵を置いていませんか?

Nina Vartanava / EyeEm / Getty Images

一瞬置くのは仕方ありませんが、寝る前までには何も乗っていない状態に戻しましょう。もしくは、雑貨やお花でデコレーションしても◎。お洒落なスペースは、できるだけそのままにしておきたくなりますよね。

②収納グッズを買うのはちょっと待って!

物と一緒に収納グッズも増やせば、とりあえず片付いたように見えるかもしれません。しかし最終的にはスペースが足りなくなり、家中に物が溢れてしまいます。

yarn / Getty Images

新しいグッズを買いに行く前に、物を減らせないか、或いは他の場所に移動できないか考えてみてください。どうしても無理そうなときは、今使っているものをスリムで高容量のものに買い替えると良いですよ。

③片手で出し入れできれば手間いらず♡

朝バタバタしていると、使ったコスメを元の場所に戻す時間すら惜しく感じられますよね。頻繁に使用するものの収納は、「片手で出し入れできる」ことが大切なのです。

Nemida / Getty Images

一番簡単なのは蓋がないタイプのボックスですが、蓋付きであればワンタッチで開けられるものがベストです。片手でサッと取り出してそのまま放り込むことができれば、朝から片付けに時間をかけなくて済みますよ。

④引き出しに仕切りはマスト!

調理道具などを毎日出し入れしていると、いつの間にかゴチャゴチャになりませんか?特に細々した物を収納する引き出しには、仕切りが必要です。

Spiderplay / Getty Images
記事に関するお問い合わせ