無料の会員登録をすると
お気に入りができます

いつもと違う「ごはんの与え方」で愛犬との絆が深められる!

愛犬にご飯を与えることは、飼い主さんにとってごく当たり前のお世話ですが、愛犬の気持ちに寄り添って少しだけ工夫すれば、信頼関係が深まりやすくなるのだとか。そこで今回は、愛犬との絆を深める「ご飯の与え方」をご紹介します。

ペット

毎日の愛犬のご飯――ただ淡々と与えていませんか? 犬にご飯を与えることは、ごく当たり前のお世話のひとつですが、犬の気持ちに寄り添ってほんの少しだけ工夫すれば、信頼関係が深まりやすくなるのだとか。
そこで今回は、犬との絆を深める「ご飯の与え方」をご紹介します。

与える前は“少しだけ”待たせてみよう!

dog.benesse.ne.jp

楽しいご飯タイムをより充実させるために、ご飯を与える前に得意の合図を出して、犬を少しだけ待たせてみましょう。

ただし、フードボウルを床に置くまでの間に「マテ」の合図を出すなど、ほんの少しだけ待たせるのがポイント。

合図を成功させて犬に達成感を与えれば絆が深まり、よりワクワクとしたご飯タイムになるでしょう。

いつものパターンを崩して与えてみよう!

dog.benesse.ne.jp

ワンワンと激しく吠えたり、走り回って大騒ぎしたりするなど、ご飯の時間になると喜び過ぎてしまう犬も少なくありません。

そのような場合は、犬のいない部屋でこっそりとご飯を準備し、落ち着いているときに不意に与えるなど、いつものご飯のパターンを崩してみましょう。

手品のようにご飯を出してくれる飼い主さんのことが、犬はより大好きになるはずです。

嫌がるときはフードを見直してみよう!

dog.benesse.ne.jp

犬がご飯を食べないときは、いつも与えているフードを見直してみましょう。

犬はフードの味や粒の大きさがあっていないと、食べなくなることがあるので、味を変えるために主原料を違うものにしたり、粒の大きさを変えたりするのがおすすめ。また、ドライフードを与えている場合は、ウェットフードを試してみるのも手です。

犬にあったおいしいご飯を与えることで、飼い主さんに対する信頼度が高まり、絆もさらに深まるでしょう。

“おかわりフード”を入れてゆっくり食べさせよう!

dog.benesse.ne.jp

ご飯中に人が近づくと怒る犬もいます。そのような犬には、1回分のご飯を少し減らし、減らした分を飼い主さんが手に持って、上からぱらぱらと追加してあげましょう。

これを繰り返すことで、犬は「飼い主さんが近づくとフードが増えてうれしい」と感じるようになるはず。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ