無料の会員登録をすると
お気に入りができます

味方が増える!話し上手になれる「10つの会話テク」

ライフスタイル

多くの人は、それは何時間くらいでできたの?何歳でどこ出身の人なの?などど具体的で現実的な質問をしてしまいます。もちろん間違いではないですが、聞かれている方もただ事実を答えるだけになってしまいます。

もし宝くじで1000万円当たったら?タイムマシンで過去に行けるとしたらいつ?など、子供のような質問でも意外と盛り上がりますよ。

5、報告にはまずは「おめでとう」

彼氏ができた、プロポーズされた、試験に合格した、就職先が決まった。そんな報告を聞いたとき、真っ先にどんな人?どんな指輪をもらったの?どんな会社?などと聞いてしまっていませんか。

話上手な人はまずは「おめでとう」「私も嬉しい」「頑張ったね」と祝福や労いの言葉をかけます。その一言であなたの印象はアップ。この人ともっと話したいと思われるようになるのです。

6、男性は「能力」女性は「容姿」を褒める

愛され上手な人は、人を褒めるのが上手です。会話が得意ではないという方も、褒める技術を覚えれば会話が弾むようになります!

男性の場合は、仕事ができる、判断力がある、お酒が強い、人から好かれるといった「能力」を褒めてあげましょう。女性の場合は、顔のパーツや髪型、今日の服装など「容姿」について褒めるのが正解です!

7、褒められたら受け止める+褒め返し

褒められたときに、いえいえそんな・・・と謙虚にふるまってしまう人は多いもの。でもそれでは会話が広がらない上、褒めた人にとってもあまり気持ちがよいものではありません。

褒められたら素直に受け止め、その上でさりげなく褒め返してみましょう。「ありがとう」「嬉しい」だけで終わると自信があるように思われてしますので要注意。あなたの方が綺麗ですよ~といったオウム返しも嘘っぽくなるのでNGです。

会話例
・ありがとうございます。嬉しいです。~さんは褒め上手ですね。
・嬉しい!~さんみたいになりたいと思っていたから・・・
・尊敬している~さんに言われるともっと頑張ろうと思えます。
・そういってくれるのは~さんくらいです。優しいんですね。

8、悪口はリピートで交わす

悪口に巻き込まれそうになったら、リピートで交わすのが会話上手な人のテクニック。悪口は「うんうん」と相槌をうっていると同調しているように思われてしまいますし、悪口はよくないよ!というのも反感を買うので難しいところ。

記事に関するお問い合わせ