無料の会員登録をすると
お気に入りができます

味方が増える!話し上手になれる「10つの会話テク」

話し上手な人に共通する会話テクニックをまとめてみました。話し上手な人=愛され上手であることがほとんど!これを意識するだけであなたの印象がぐっと良くなるはずです。ぜひ参考にしてみてください。

2016年3月
ライフスタイル

愛され女性=話しが上手!

味方が多く誰からも愛される女性に共通していることは、会話がとても上手だということです。一緒に話していて心地の良い人には、どんどん心を開きたくなりますよね。

ここでは、話し上手になるために大切な10つの会話テクニックをご紹介します。あなたはいくつ意識できていますか?話が盛り上がらないと悩んでいる方は、ぜひ取り入れてみてください。

1、最初に名乗る

新年会や歓迎会、合コンなどでは最初に何となく自己紹介をしても、はっきりとは覚えていないということがありますよね。そこで話上手な人は、2人もしくは少人数で話すときには、改めて名前を名乗ります。

自己紹介をすることで相手は自然と警戒心をなくし心を開きやすくなります。後から名前を聞きにくいなと無駄な気遣いをさせることもなくなります。仕事においては印象もアップ!

2、相槌は想像力を使って

「こないだ~に旅行に行ってさぁ」「うんうんそれで?」という会話でも成り立ちますが、話し上手な人は、「海がきれいそうだね」「いいところなんだろうな」と想像力を使って会話を盛り上げます。

「~が大変だった」という話なら、「わ~辛そう」「大変だったんでしょうね」という風に。肯定的な相槌になり、かつ会話を遮りません。辛かった?と質問にすると会話が途切れてしまうので要注意。

一緒にわくわくしたり、悲しんだりしてくれる相手には、どんどん先を話したくなります。私はその場面にいなかったから分からないと諦めてしまう人は会話下手の証拠。想像力を使って会話を広げましょう。

3、自慢話より失敗話

友人や後輩から尊敬されたい、慕われたいと思っているなら、あえて失敗話をしましょう!自慢話ばかりでは、相手を疲れさせ、話していても楽しくない人だと思われてしまいます。

自慢やウンチクより失敗話の方が聞いていて面白いですよね。親しみを持ちやすく、自分からも素直にいろいろ話そうという気がおきます。相手が異性でも同じ。自慢をして張り合っても、表面上の会話しかできませんよ。

4、想像を膨らませる質問をする

会話をはずませるのが上手な人は、想像を膨らませる質問が得意!その時こうだったら?もしその相手が~してきたら?とわくわくを誘うような質問をしてみましょう。

多くの人は、それは何時間くらいでできたの?何歳でどこ出身の人なの?などど具体的で現実的な質問をしてしまいます。もちろん間違いではないですが、聞かれている方もただ事実を答えるだけになってしまいます。

もし宝くじで1000万円当たったら?タイムマシンで過去に行けるとしたらいつ?など、子供のような質問でも意外と盛り上がりますよ。

5、報告にはまずは「おめでとう」

彼氏ができた、プロポーズされた、試験に合格した、就職先が決まった。そんな報告を聞いたとき、真っ先にどんな人?どんな指輪をもらったの?どんな会社?などと聞いてしまっていませんか。

話上手な人はまずは「おめでとう」「私も嬉しい」「頑張ったね」と祝福や労いの言葉をかけます。その一言であなたの印象はアップ。この人ともっと話したいと思われるようになるのです。

6、男性は「能力」女性は「容姿」を褒める

愛され上手な人は、人を褒めるのが上手です。会話が得意ではないという方も、褒める技術を覚えれば会話が弾むようになります!

男性の場合は、仕事ができる、判断力がある、お酒が強い、人から好かれるといった「能力」を褒めてあげましょう。女性の場合は、顔のパーツや髪型、今日の服装など「容姿」について褒めるのが正解です!

7、褒められたら受け止める+褒め返し

褒められたときに、いえいえそんな・・・と謙虚にふるまってしまう人は多いもの。でもそれでは会話が広がらない上、褒めた人にとってもあまり気持ちがよいものではありません。

褒められたら素直に受け止め、その上でさりげなく褒め返してみましょう。「ありがとう」「嬉しい」だけで終わると自信があるように思われてしますので要注意。あなたの方が綺麗ですよ~といったオウム返しも嘘っぽくなるのでNGです。

会話例
・ありがとうございます。嬉しいです。~さんは褒め上手ですね。
・嬉しい!~さんみたいになりたいと思っていたから・・・
・尊敬している~さんに言われるともっと頑張ろうと思えます。
・そういってくれるのは~さんくらいです。優しいんですね。

8、悪口はリピートで交わす

悪口に巻き込まれそうになったら、リピートで交わすのが会話上手な人のテクニック。悪口は「うんうん」と相槌をうっていると同調しているように思われてしまいますし、悪口はよくないよ!というのも反感を買うので難しいところ。

「~さんの行動がうざい。」と言われたら「あなたは~さんが気に入らないんだね」とリピートして司会者のようになりましょう。「だって~ということがあって」と続いたら「~が嫌だったというわけね?」と交わしていきます。

このように詳細を聞いてあげれば、話し手もスッキリして悪口を終わりにすることも。もしあなたはどう思う?と聞かれてしまったら、難しいな、私は鈍感だからな~と避けるテクニックも持っておきましょう。

9、会話下手な人とは沈黙を楽しむ

すべての人が盛り上がる会話が好きというわけではありません。会話上手な人はその辺りを見分けるのも得意!静かに過ごすのが好きそうな人とは、沈黙を楽しむことも覚えておきましょう。

会話下手な人は、意見を述べたり、想像したことを話すのは苦手。目の前にあるものに焦点を当ててあげましょう。今日は天気が良いね、このご飯美味しいね、みんな酔っぱらって騒がしいね、そんなさりげない会話だけで十分なのです。

10、相手をよく観察する

的を射た質問をして会話を盛り上げるには、相手をよく観察することが大切です。自分に当てはまることを質問されると自然と好感を持つようになりますよね。

今はSNSの情報も手段の1つ。外食が多い人、化粧品が好きな人、ヨガを始めた人、家族が仲良しな人、それぞれの特徴を覚えておくと会話のきっかけに。

会話例
・いつも素敵なシャツですよね、どこのですか?
・今日はパンツスタイルなんですね、素敵です!
・いつも動きが早いですよね、スポーツをやっていたんですか?
・~に詳しいですね、~を勉強していたんですか?

「話し上手」ですべてが上手くいく!

いかがでしたか?話し上手になれば、仕事も恋愛も人間関係もすべて好転するようになります。ぜひこれを参考にして、人に好かれる会話テクニックを身につけてみてください。

記事に関するお問い合わせ