無料の会員登録をすると
お気に入りができます

あともう1万円♡我慢せずにお金を浮かせて貯金しよう!

毎月あともう少しだけ貯金できたら…と感じているなら、するべきなのは節約ではなく、自然に「お金を浮かせる」暮らし方を実践すること!我慢が少ないからこそストレスが少なく続けられる、そんな浮かせる貯金術をご紹介致します。

2016年3月
ライフスタイル

毎月、あともう1万円貯金したい!

できそうでできないプラス1万円貯金…

お給料はなかなか上がらないけれど、日々の生活の中であともう1万円だけ節約できたら…と感じていませんか?

とはいえ何かを買うのを我慢したり、通信費や光熱費などの固定費を削ってもストレスが溜まるだけで大きくお金を貯めにくいのも事実ですよね。

無理せず1万円「浮く」暮らし方をはじめよう

だからこそ実践したいのが、我慢をなるべくせずに「お金を浮かせる」暮らし方!

そこで今回はそんなお金を浮かせる貯金術をまとめてご紹介致します。ぜひチェックしてみてくださいね。

いつの間にか貯まる「もう1万円」貯金術

①クレジットカードを使う回数を限定する

「お金を使う」という実感が少ないクレジットカードでの支払い、ついつい大きくなり過ぎてしまっていませんか?もし毎月のカードの支払いが恐怖だと感じているなら、そろそろクレジットカードの使い方を見直す時!

まずは1ヶ月にクレジットカードを使って買い物をする回数を限定するようにしてみましょう!1ヶ月が無理なら1週間単位でもOK!現金払いの回数を増やすことで、出費に対して敏感になり、自然と使う額を減らすことが出来るのです。

②「何も買わない日」を作る

あなたは1ヶ月のうち、お金を使わない日が何日ありますか?もしその答えがゼロなら、あなたは毎日ただなんとなく手もとにあるお金を浪費してしまっている可能性大!

macadameia.tumblr.com

使いたいときに使い、使わなくてよいときに使わないと言う基本のメリハリをつけるためにも、まずはお金を意図的に使わない日を作ってみましょう!1日0円で過ごすことが出来れば、きっとお金に関する考え方も変わるはずです。

③「1日350円」得することを実践する

また1ヶ月1万円を無理なく貯めるには、大きな出費を削るのではなく毎日の細かな出費を削ることが大切!

具体的には1日に350円を目標にお金を浮かせる方法を考えてみましょう!「お買い得食品を購入する」「タクシー相乗り」などちょっとした工夫でお金を浮かせることが出来るはず。ぜひ自分にあった方法で実践してみてくださいね。

④銀行の自動積み立て定期預金を利用する

とはいえどうしてもお金があれば使ってしまう!という方は、給与口座から自動で引き出されて積み立てられる「自動積み立て定期預金」がおすすめ!

積み立て日を毎月のお給料日に設定しておけば、はじめから1万円少なくお給料が入るような感覚で暮らすことが出来ます。また財形などとは異なりいつでも解約できるので自由度が高く、急な出費が多い方にも最適です。

我慢しない暮らしでお金を貯めよう!

お金を上手に浮かせることができれば、もう厳しい節約とは無縁!

ぜひ今回ご紹介した方法を参考に、我慢しない貯金をはじめてみてくださいね!

記事に関するお問い合わせ