無料の会員登録をすると
お気に入りができます

50秒でやせる! 40代からでも遅くない、たるませないボディの作り方

日高 靖夫

美容

■体が変わる40代は生活習慣を変えるチャンス!

40歳以降、やせにくくなる主な原因は、加齢による筋肉の減少や、それに伴う代謝の低下。また、女性ホルモンのバランスの乱れなどが考えられます。

「体が変わる年齢として、僕が目安にしているのは“厄年”です。女性の場合は37歳、男性であれば42歳が本厄。古くから言われている通り体の変わり目の年です。このタイミングを機に体の変化に気づき、生活習慣を見直すことで10年後、20年後の体に差が出ますよ」(日高先生)

とはいえ、40歳前後の女性は、子育てや仕事で忙しい時期。やせにくくなった体の変化を実感する一方で、ダイエットのために定期的にスポーツクラブやジムに通ってトレーニングを行うのはなかなか難しいもの。

「スポーツクラブやジムは、例えるなら、非日常空間。忙しい世代の女性が、非日常空間でトレーニングを行うのはハードルが高く、ザセツしやすい環境といえます。代謝を上げるために生活習慣を変えるなら、日常の動作をトレーニングに変え、多忙な毎日のすき間時間にできることを行うのがベストです」(日高先生)

日高先生がレクチャーする「タテ伸びモーション」は、50秒間体をタテに伸ばして鍛えることで、美しいボディラインを叶えるボディメイク・メソッド。
トレーニングのポイントは、日常生活の中でキレイな姿勢をキープすることです。すると、「姿勢筋」と呼ばれる背骨まわりのインナーマッスルが鍛えられ代謝がアップ。また、キレイな姿勢をとることで背骨が正しい位置に整えられ、関節の可動域が拡大。アクティブに動けることで代謝も上がり、女性らしいシルエットの美ボディが手に入ります。

■40代以降は、体を慈しむていねいなトレーニングが鉄則

40代以降のボディメイクで、日高先生が心がけていることは「体を痛めつけない」こと。

「学生時代の部活のようなハードな運動は、40歳以上には逆効果。ケガにもつながりやすいです。大人の女性が美しい体を目指して『タテ伸びモーション』を行う際、私が大切にしているコンセプトが3つあります」(日高先生)

コンセプト1:自分の体を大切にていねいに扱うこと

トレーニングを行うときは、現状の筋肉や関節の動きを把握することが大事。そのうえで、ムリのない程度にゆっくり「タテ伸びモーション」を行うと快適に体を鍛えることができます。

コンセプト2:美しい姿勢を保てる範囲内で体を動かすこと

「タテ伸びモーション」は体のメカニズムに即した安全な動作ですが、柔軟性には個人差があります。自分の可動域の範囲で美しい姿勢をキープすることが大切です。

コンセプト3:美しい動作を日常的に意識すること

「タテ伸びモーション」で、キレイな姿勢を体に記憶させたら、その姿勢を「立つ・座る・拾う」の日常動作に活用すると効果的。日々の積み重ねで、ボディラインが美しく整えられると同時に代謝が上がり、やせやすい体になります。

それでは、さっそく「タテ伸びモーション」にトライ! 今回は40代のボディラインを、より美しく進化させる「立つ・座る・拾うモーション」の応用編をレクチャーします。

≫「タテ伸びモーション」の基本の動きはこちら

■立つ・座る・拾うモーション 応用編

日常動作の美しさを極めながらトレーニングする「立つ・座る・拾うモーション」応用編で、ボディラインに磨きをかけましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ