無料の会員登録をすると
お気に入りができます

どこまでやっていいの?彼に「尽くす女」の5つの境界線!

大好きな彼の為に、色々と世話を焼いてしまう「尽くす女」。男性からも人気が高いですが、やり過ぎると「重い女」に。今回は、尽くす女の境界線を大分析しちゃいます!

恋愛・結婚

だって、好きなんだもん♡

彼の事が大好きで、心配になるからこそ身の回りの世話をしたくなる女性は多いですよね。でも、どこまでやっていいのか分からないのも本音。重い存在になって嫌われたくないし、でも自分の存在を感謝されたい!

「尽くす女」と「重い女」の境界線

「彼の為に」と思ってやっているのに、いつの間にか彼にとって重い存在になってしまって、フラれたりすることも。今回は、尽くす女と重い女の境界線を大分析!程よく彼をコントロール出来ちゃうかも!

① Q:ご飯は取り分けるべき?

良い彼女だと思われたくて、料理を頑張ったり、「家庭的」な一面をアピールする時に使うテクニックが「ご飯を取り分ける」こと。でも、付き合ってからも続けてしまうと逆効果かも。

A:自分で取り分けさせるべし。

注意したいのが、家庭的なところをアピールするあまり「お母さん」になってしまうこと。「これ食べる?」「〇〇はいる?」などと甲斐甲斐しく世話を焼いていると、まるで子供の世話をしている気分に。

② Q:彼の服は洗濯するべき?

よほど綺麗好きな男性以外は、週に1回まとめて洗濯をする男性が多いんです。「しょうがないなぁー」と思って洗濯したりするのも要注意!たかが洗濯でも、意外とこだわりがあるポイントが!

A:絶対に彼に聞いてから。

男性の中でも極端に意見が分かれるのが「洗濯の仕方」。特に、シャツにはうるさい男性も。アイロンの仕方や服のたたみ方が原因でケンカになる前に、彼に聞いてからしてあげると良いかも。

③ Q:ペットのお世話はするべき?

記事に関するお問い合わせ