無料の会員登録をすると
お気に入りができます

簡単なのに心潤う♡「ちょっとだけ丁寧な生活」の工夫6選

毎日を丁寧に暮らすのって素敵ですよね。でも本格的な「丁寧な暮らし」は、実は労力もお金もかかるもの。忙しい現代人にとっては、毎日実行するのは大変です。そこでお勧めなのが、「ちょっとだけ丁寧な暮らし」。ほんのひと手間で暮らしを豊かにするコツをご紹介します。

2019年10月
ライフスタイル

①目覚めのお白湯を飲む

朝はギリギリまで寝ていたいのが本音。支度に追われてバタバタと家を飛び出していくのが毎朝恒例という女子も多いのではないでしょうか。朝の時間に心を整えることができれば、1日の質がぐんと高まります。

Wand_Prapan / Getty Images

朝起きたら、まず1杯の白湯をゆっくり飲みましょう。たったこれだけのことで、体が温まって胃腸が動き始め、頭がはっきりします。白湯を飲みながら、「今日の楽しいこと」に想いを馳せてみてくださいね。

②食事はお気に入りの食器で

Westend61 / Getty Images

毎日使用する食器は自分らしい暮らしを楽しむ大切なツール。こだわりや愛着のない食器で済ませるのはちょっと残念です。お気に入りの素敵な食器に盛り付ければ、お食事タイムがもっと楽しい時間になります。

Alexander Spatari / Getty Images

時間がないときはテイクアウトのお惣菜でもOK。素敵な食器とオシャレなクロス、お花でテーブルを美しく整えましょう。食事中はスマホやテレビはオフにして、食べることそのものを大事にしてくださいね。

③お茶を葉からいれる

忙しい生活の中で、ティータイムはほっとできる貴重な時間。忙しい時も、あえてゆっくりお茶を楽しむ時間を作りたいものです。お茶をいれる一連の手順を丁寧に行うことには、心を落ち着かせる効果があります。

Michele Jackson / Getty Images

寝る前にはカモミールティー、ちょっぴりけだるい午後にはペパーミントティー、女子力を上げたいときはローズヒップティーなど、気分に応じて茶葉を選ぶのも素敵です。

④一輪の花を飾る

造花は飾りやすく経済的ですが、本物の花のもつ美しさや生命感はやはり別格です。たった一輪のお花があるだけで部屋の雰囲気は大きく変わります。

Tabitazn / Getty Images

お花屋さんで様々な花に触れる時間は心ときめくもの。店頭に並ぶ花によって季節の移り変わりを感じることができます。また、花が美しさを保てるよう毎日丁寧にお手入れしてあげることで自然と気持ちが癒されます。

⑤マイボトルを持ち歩く

体の水分が不足すると、疲れがたまり頭もぼんやりしてきます。外出先でもこまめに水分を摂取するのが美容と健康を維持する秘訣です。マイボトルがあれば、いつでもどこでも好みの飲み物で喉を潤すことができます。

Photo by Heather Ford / Unsplash
記事に関するお問い合わせ