無料の会員登録をすると
お気に入りができます

これがダイエットの邪魔してた!努力が無駄になる5つの行動

2019年9月
ビューティ

睡眠不足はダイエットにも悪影響。しっかり睡眠をとることで、成長ホルモンが分泌されます。成長ホルモンが新陳代謝を促し、基礎代謝によってカロリーを消費します。より良い睡眠のためにおすすめなのが、「3・3・7」の法則です。

Obradovic / Getty Images

「3・3・7」の睡眠法則とは肥満外来の医師が提唱しているメソッドで、「夜中3時にはぐっすり眠っている・最初の3時間は爆睡する・睡眠時間は7時間」ということ。これをコツコツ続けることで、1ヶ月後には効果を感じられるかもしれませんよ♡

努力が水の泡にならないように!

Primorac91 / Getty Images

なかなか痩せられない、と悩んでいる人は日常生活の中にNG行動を行っていないか、チェックしてみてくださいね。ダイエットは日々の積み重ね。無理せずコツコツ続けていきましょう!

▼参照資料

肥満外来の女医が教える 熟睡して痩せる 「3・3・7」睡眠ダイエット (著)左藤 桂子

SBクリエイティブ

¥ 864

肥満の改善治療の医師としてのべ3万人の人を痩せさせてきた医師による、痩せるための眠り方のコツ!正しく眠る「痩せる寝方」とはどういうものか?という情報が詰まった1冊。

商品詳細
肥満外来の女医が教える 熟睡して痩せる 「3・3・7」睡眠ダイエット (著)左藤 桂子
www.amazon.co.jp
商品詳細
記事に関するお問い合わせ