無料の会員登録をすると
お気に入りができます

いま鍛えるべきはズバリ“舌”! 美容効果バツグンの「小顔舌トレ」にTRY

美容

2

手の位置は変えず、圧をかける場所を親指側へ移動させながら耳前に老廃物を流す。

頬の外側にあり、グッと噛み締めた時に使われる「咬筋」。凝るとエラが張り、大顔な印象に。

鼻の下の間延び、口元のシワに ボタン&フロスエクサ

年齢と共に唇がしぼみ鼻の下が間延びするのは、口輪筋の衰えが原因。唇をギュッとすぼめる動きで筋力を鍛え、たるみやシワのない唇を手に入れて。口輪筋は表情筋と繋がっているため、顔全体のたるみ予防にも有効。

1

10円玉大のボタンに約30cmのフロスを通して端を結び、唇と歯の間にボタンを挟む。

2

ボタンが口から出ないように唇に力を入れ、“引っ張り&緩め”を10回繰り返す。

口を動かす時に使うのが、唇を囲む「口輪筋」。歯並びにも影響し、緩むと歯が前に出る傾向が。

MAQUIA10月号

撮影/藤澤由加 ヘア&メイク/清水美和 スタイリスト/立石和代 モデル/福吉真璃奈(マキアビューティズ) 取材・文/真島絵麻里 構成/山下弓子(MAQUIA)

【MAQUIA10月号☆好評発売中】

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ