無料の会員登録をすると
お気に入りができます

どうしてお金が貯まらない?無意識の「浪費癖」を直す方法

2019年9月
ライフスタイル

いつの間にかお金がない!どうして?

“浪費癖”を改善しよう

「いつの間にかお金がない」「お金がたまらない」という人はいませんか?自覚はないかもしれませんが、もしかすると浪費癖があるのかも…。

alfexe / Getty Images

そこで浪費癖がある人の特徴をピックアップ。お金が貯まらない理由をチェックしましょう。さらに浪費癖の改善方法も合わせてご紹介します。

特徴①値段を見ないで買う

どんな小さな物でも値段を見る

浪費癖がある人は、値段を見ずに買い物をすることが多々あります。必要な物だから値段は関係ない、そんな高い物もないだろう、という考えなのかもしれません。しかし、値段をきちんと見ておけば、もっとお得に買える品があったかもしれないのに…。

yacobchuk / Getty Images

そんな人はどんな小さな物でも値段を見るようにしましょう。「今これがこのくらいの価格なんだ」という経済感覚が段々と身につきます。「いつもより高い」「いつもより安い」という点を意識すれば、お得に買い物をする目を養えますよ。

特徴②衝動買いしやすい

2度「それ本当に必要?」と自分に問いかける

「欲しい!」と思って購入を即決してしまう、衝動買いのクセがある人もご注意を。お金を使うハードルがどんどん下がり、浪費癖がついてしまいます。

Zero Creatives / Getty Images

そこで「それ本当に必要?」と自分に問いかけてみてください。よく考えるといらないんじゃないか、同じような物をいくつも持っているな、と気づいて衝動買いを止められます。

PeopleImages / Getty Images

「欲しい!」と思ったら、一度時間を置きましょう。1週間とか1ヶ月とか、ある程度時間をおいてもまだ欲しいなら、それは本当に必要な物です。前ほど欲しいと思わなくなったり、時間が経って興味を失ったりしたら、実は必要のない物だったとわかるはず。

クレジットカードより現金を使うと◎

衝動買いしてしまう人は、キャッシュレスで支払っていることが多くありませんか?現金を使わず支払うと、お金を消費したという感覚が薄れてしまうそうです。

Photo by Alexander Mils / Unsplash
記事に関するお問い合わせ