無料の会員登録をすると
お気に入りができます

生足準備OK?足タレ伝授「カモシカ足」を作る5つのメソッド

暖かくなってくると、パンツからスカートへとお肌の露出も増えてきます。特に足元は、おしゃれには欠かせないパーツ。美しいカモシカ足の作り方をご紹介します。

2016年4月
美容

そろそろ生足準備、はじめませんか?

街を行きかう人々の装いも、徐々に薄着が増えてくる季節。開放的な気分とともに、コーデも露出の多いものへと変遷してきます。

サンダルやヒールなど、足元のおしゃれを引き立たせるのは、スラリと美しい足。

生足の準備は、もうできていますか?早すぎることはありません。春夏のおしゃれの為にも、そろそろ準備をはじめましょう♡

①塩分を取りすぎないバランスよい食事

美脚の大敵は、なんといっても「むくみ」。まずは、日々のむくみを退治することを念頭においておきましょう。

足のむくみの原因は、食生活にもあります。特に、塩分の多い食事は、水分を身体にため込んでしまうナトリウムを多く含むので、カップ麺や外食ばかりという食生活は要注意。

カリウムを含む食材を摂ろう

そこで、ほうれん草やアボガド、大豆製品やきのこ、海藻類など、カリウムを多く含む食品を取り入れることで、ナトリウムを排出することができます。塩分の代わりにお出汁のきいたレシピを作るのも◎。

➁美しい歩き方でヒップアップ

足タレさんは適度な運動を大切にしています。お仕事のない日は、スニーカーで歩いたり、自転車ででかけたりも心がけて。

美脚の持ち主、神崎恵さんによると、美脚のポイントは「ヒップと太もも」とのこと。歩く際も、横から見て背筋がまっすぐになるよう適度に胸をはり、膝を曲げず歩いて、ヒップアップを目指しましょう。

電車や椅子での座り方も要注意

座る際も、足元や姿勢をチェック。椅子には深く腰をかけず、軽く座り、足は必ず膝をつけておきます。そうすれば、足を組んだ際や流した際も、美しく見えます。

③バスタイムは美脚の宝庫

面倒くさいからと、つい日々のバスタイムをシャワーだけで済ませていませんか?

毎日とは言わずとも、できるだけ湯船に浸かる習慣をつけましょう。むくみの1つの原因、冷え性を改善するだけでなく、血行やリンパの流れを良くし、美肌やスタイルアップにも効果があります。

リンパマッサージでリラックス

バスタイムは、リンパマッサージに最適の場。足にある3つのリンパの扉、足首・膝の裏・足の付け根を軽く押さえ準備が整ったら、足裏から足首、ふくらはぎの裏、というように、下から上へと手で優しくマッサージ。

④お風呂上がりに軽いストレッチ

お風呂から出たら、美脚エクササイズをすると更に効果的。おすすめの3つのエクササイズをご紹介します。1つだけでも効果があるので、試してみてくださいね。

足パカエクササイズ

足を開いたり閉じたりするだけの、簡単エクササイズ「足パカエクササイズ」。

仰向けに寝て、足を上へ持ち上げパカッと開きます。内腿の筋肉が伸びているのを確認しながら、5秒くらいかけて閉じます。また、5秒くらいかけて開きます。これを1回として10回を、1日1~2セット行います。

グッドモーニングエクササイズ

腿の後ろにある、大腿二頭筋、半腱様筋、半膜様筋を総称するハムストリングス。ハムストリングスを鍛え、ヒップと太ももをサイズダウンするのが、グッドモーニングエクササイズ。

手を頭の後ろで組み、上体のまっすぐな姿勢を維持したまま、腰から直角にゆっくり4秒くらいかけて前傾させ、また4秒くらいかけて元の姿勢に戻します。これを1回とし、10回を1日1~2セット行います。

ブラブラエクササイズ

布団に寝ながらできるブラブラエクササイズは、寝る前や起床時におすすめです。

stretchpole-blog.com

仰向けに横になり、足と手をできるだけ垂直にあげます。あとはただ、力を抜いてブラブラ小刻みに揺らすだけ!血行、リンパの流れを良好にし、冷えやむくみに効果があります。

⑤寝る前の「10分足枕」でデトックス

軽くエクササイズを済ませたら、身体をリラックスさせ快眠効果もある足枕をおすすめします。

疲れが溜まった身体は、血液を心臓に戻す力が弱くなり、結果下半身に余分な水分が滞りがち。そこで、足枕をすれば、本来あるべき心臓に戻りやすくなります。15~20センチの高さで10分ほどでOK。

自分の足を愛でて伸ばす

そして、1日の最後に必ず、よく働いた足を褒め愛でてあげましょう!毎日のケアの中で、そういった時間を持つことで、自分の足の良い所も見つかり、モチベーションもアップします。

早めの準備でぬかりなし♡

まだまだと思っていても、気がつけば訪れる新しい季節。日々のちょっとしたケアで美脚は作られます。きれいな足で、おしゃれを楽しんでくださいね!

記事に関するお問い合わせ