無料の会員登録をすると
お気に入りができます

知って得する!節約食材の王様『もやし』のトリセツ。

レシピ

節約食材を使い倒す!『もやしのトリセツ』

コスパ◎、でも傷みやすいのが難点の“もやし”。『たくさん買いだめしたらニオイがついちゃって食べれなくなっちゃった…』なんてことありませんか? そんな悩みを解決する『もやしのトリセツ』を作りました♡

oceans-nadia.com

もやし…じつはとっても栄養豊富なんです。

大豆から出来るもやしはもちろん栄養も豊富。タンパク質、カルシウム、鉄分、ミネラル、ビタミンB1、食物繊維が豊富で、美容にも良いとされるアスパラギン酸も含まれているんです!

スキンケア化粧品でもよく使われているイソフラボンは大豆だけと思われがちですが、豆から出来るもやしにも含まれます。イソフラボンは美肌やダイエットなどあらゆる効果が期待出来ますから積極的に摂りたいですね♡

もやしを少しでも長持ちさせる保存法…♡

袋のまま冷蔵庫にいれても2日程度が消費期限のもやし。水につけておいたり、チルドルームに入れておくと3〜7日程度と保存できる期間が延びるんです。

節約生活を制するならもやしの保存方法を制するべし♡そこで、もやしをちょっとでも美味しいまま長持ちさせる保存法を学びましょう。

買ったらすぐに茹でるのがベスト♡

セールでたくさんもやしを買っちゃった!という時はまず全て茹でるのが◎。 沸騰したお湯に5分〜10分程度茹でて軽く火を通すだけでニオイも抑えられいつもより2〜3日置いても美味しく食べれるんです!

最初に火を通してあるからサラダや和え物はそのまま。炒めたり、スープに入れたりする際は最後に入れれば良いだけなので調理時間も時短になり一石二鳥です。

新常識!冷凍するならパッケージのままがイイ

もやしは冷凍すると食物繊維が破壊されるので冷凍せずに食べておきたいもの…。でも『どうしても冷凍したい!』という時もありますよね。そんな時は買ってきた時の袋のまま冷凍保存するのがイチバンです。

茹でた状態で…よく聞きますが、水切りしきれずに解凍してからベチャつくこともある様です。調理する時は袋から出し、そのままでも良いですが、気になる方はサッと水で洗ってもOK。試してみてはいかがでしょう。

記事に関するお問い合わせ