無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ずーっと一緒だよ?♡愛され彼女が「彼に絶対言わない言葉」

恋愛・結婚

大好きな彼と付き合えたと思ってもいつも「君はきついよね」と言われるアナタ。
もし、そういわれなくてもあなたの発言で彼が嫌な思いをしているかもしれません。

今回は愛され彼女が彼に絶対に言わない言葉を4つご紹介していきます。

(1)「いつやるの?」と急かす発言

『俺のペースってあるからさ、ちょっと見守るくらいでお願いします』(28歳/商社)

「いつやるの?」と何かにおいていつも急かすような発言をする女性は、男性は落ち着くことができずに、これ以上彼女のことを愛せないと思ってしまいます。
男性も女性の様に恋人には包容力を求めます。

なので、急かされたり何かを強制されたりすると嫌になることは間違いありません。
あなたは彼のお母さんではないので、彼の人生や行動に関して責任をとる必要はありません。

それを頭において素敵な関係を築きましょう。

(2)「○○君とは違うね」と比較して下げる発言

『比べて馬鹿にするなら付き合わないでよ』(30歳/人事)

「〇〇くんとは違うね」と、彼と他の男性を比較して、彼を下げる発言は良くありません。
あなたがそのように彼にされたとしたら「モラハラだ!」と言いたくなるはずです。

彼は唯一無二のあなたのパートナー。

あなたはそのパートナーを選んだのですから、彼の全てを愛するようにしましょう。
それができないならお互いに別れたほうがもしかしたら良い場合もあります。

(3)「……で?」と、彼の話がつまらなさそうな発言や態度

『一番言われたくない。もう俺に何の愛情もないでしょ』(25歳/美容師)

彼が自分の話をしたときに、「……で?」と言ったり、携帯をいじりながらつまらなさそうにするのは、彼は居ても立っても居られません。
男性も彼女に話を聞いてほしいという欲求を持っています。

そして、話を聞いてくれたときに共感して味方であってほしいと望んているものです。
それができないと「この関係は長続きしないかもしれない」と思ってしまうことでしょう。

(4)「甲斐性ないね」と彼の人格を否定する発言

『無理して一緒にいる必要もないかなって思っちゃう』(32歳/営業)

「甲斐性ないね」や「あんたはだからダメなんだよ」と彼の人格を否定するような発言をする女性は、男性がスーッと隣からいなくなっていることが多いです。
人格を否定することはパートナーシップを始め、人と人の関係を繋いでいくのに非常に悪い影響を及ぼします。

あなたがもし彼の人格を否定するような事をしていたとしたら、すぐにやめるべきです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ