無料の会員登録をすると
お気に入りができます

10年先が輝く!お金が貯まる「7つの生活習慣」を始めよう

お金が貯まる人とそうでない人の違いは生活習慣にありました。ここでは、貯金上手な人の習慣をご紹介していきます。一つも出来ていないという人は貯まらないのも当然かも!?出来ることからでも、ぜひ取り入れてみてください。

2016年4月
節約・マネー

お金が貯まる人の特徴って?

突然ですが、しっかりと貯金できていますか?将来や老後、いざという時のためにも貯金は早いうちからしておくのが賢明です。

ある調査によると20代30代の女性の平均貯金額は月4.5万円だそう!2年で100万円ちょっと貯まる計算に。ファイナンシャルプランナーによると収入の1割、できれば2割を貯蓄するのが理想だそうです。

『とらばーゆ』の調査によると、20歳から39歳までの女性の毎月の平均貯金額は4.5万円。なんと、10.9%は毎月10万円以上も貯金しているのだとか。
news.mynavi.jp

貯金が苦手だという方にご紹介したいのが、お金が貯まる人の生活習慣です!まずはこれを意識するだけでもお金の溜まり方が変わってきますよ!ぜひ参考にしてみてください。

お金が貯まる人の7つの生活習慣

1、早起きが習慣になっている

「早起きは三文の得」という言葉がある通り、朝早く起きることで得られるものは数知れず!お弁当を作ったり水筒に飲物を入れたり。朝食も家で食べるのでコンビニでパンやコーヒーを買うこともありません。

気持ちにも余裕が持てるので、仕事でも成功しやすくなるでしょう。朝時間を無駄にしない人はお金も大切にできる人だと言えます!

2、時間に余裕を持って行動する

時間管理ができる人はお金の管理も得意です!反対に時間にルーズな人はお金にもだらしない傾向があります。ドキッとした方はまずは10分前行動を心がけてみて!

遅刻しそうでタクシーにのったり、時間をすぎてATM手数料をとられてしまったりすることも無くなります。

3、時間があったらカフェへお散歩

ほんの数十分時間が空けばすぐカフェに、という女性は気が付けばお金が無い状況に。少しの時間を潰すならウィンドウショッピングなどをしながらブラブラするのがおすすめです!

ちょっとした運動にもなりますよね。お金をかけて高いジムに行くよりも、日頃から合間を見つけては歩くようにした方が安上がりです。

記事に関するお問い合わせ