無料の会員登録をすると
お気に入りができます

小顔も夢じゃない!?顔がシャープになるエクササイズ5選

モデルみたいな小顔とまではいかないけれど、今すぐに顔のお肉をどうにかしたい!そう思っている方も多いのでは?そんな時は、簡単なお顔のトレーニングしてみませんか?表情筋を鍛えてフェイスラインがスッキリする5つのエクササイズをご紹介します。

2016年4月
美容

フェイスラインがぼんやり

見た目年齢のポイントって何だと思いますか?肌のキレイさやスタイルはもちろんですが、意外とパッと見た時の印象に関わるのがフェイスラインなんです。

肌のハリや弾力が加齢とともに失われていくと、重力に負けて皮膚のたるみが起こります。フェイスラインのケアはオバサンのスキンケア…なんて甘い考えは今すぐ撤回して早めに対策しましょう!

顔まわりスッキリで5歳若返る!?

もう手遅れかも…と諦める前に、ちょっとしたトレーニングで今から改善していくことができます。まずは、スッピンの状態で鏡を手に取り、冷静に今の状態を観察するところから始めましょう。

フェイスラインのチェックポイント

・正面から顔を見た時、頬や顎のラインに締まりがない
・横から見ると顎のラインに肉が付いている
・顎と首の境目が曖昧になっている
・ほうれい線が目立ってきた
・目の下が凹んだように見える

Photo by Christopher Campbell / Unsplash

鏡で自分の顔をマジマジと見るのって結構勇気がいりますよね。当てはまる項目が多かったからといって、まだまだ諦めないで!次に、なぜ顔がたるむのか、その原因を知っておきましょう。

なぜフェイスラインはたるんでくるの?

日常で使われる表情筋は全体の30%と言われています。オバサンと言われたくない世代の女性でも、日頃から意識して表情筋を動かしていないと信じられないくらいフェイスラインはたるんできます。

スキンケアの基本がとても大切

肌のハリや弾力が加齢とともに失われていくと、重力に負けて皮膚のたるみが起こります。また、皮膚のたるみは乾燥や毛穴の開きが関係していることも。

・紫外線により活性酸素が作られ、皮膚の真皮層のコラーゲンなどを破壊し、たるみができる。
・皮膚が乾燥している状態が続くと、肌のハリが失われ、たるみができる。
beauty-matome.net

やはり、紫外線と乾燥はお肌の敵!たるみを作らないポイントは「十分な保湿を欠かさない」「乾燥させない」「紫外線対策する」の3つ。この美容の基本はしっかり守りましょうね。

内側からのアプローチも忘れない

また、甘いものの食べすぎ、炭水化物中心の食事は、お肌の老化を招いて糖化を促進させ、ハリを失う原因に。食べ物に注意して、顔の筋肉を鍛えられるよう、噛み応えのあるものを摂りましょう。

肌のハリ・弾力をアップさせる3大成分は「ビタミンA」「セラミド」「エラスチン」。これらにプラスして旬の新鮮な果物、野菜、ナッツなどをバランス良く食べるように心がけてみてください。

部分別!顔の筋力UPトレーニング

顔の筋肉を鍛えて、顔全体がたるまないようにすることも大事。では、部分別にトレーニング方法を見てみましょう。

首とアゴのトレーニング①

1. 頭を下に降ろし、ゆっくりと頭を上げます。そして首に負担にならない程度に、出来る限り後ろへ頭を傾けます。この状態で10数えましょう。
2. 口はしっかり閉じること。10回繰り返してください。

首とアゴのトレーニング②

1. 真っ直ぐの姿勢で首を上げ、天井を見るようにします。
2. 舌を天井に向かって突き出し、5秒間キープし元に戻します。次に、下唇も天井に向かって5秒間突き出し元に戻します。これを3セット繰り返し。

頬のトレーニング①

1. 姿勢よく座ってから、顔の筋肉を緩めて無表情を作ります。
2. 口の右半分だけ口角を上げ下げし、これを10回繰り返します。少し痙攣しているような感覚で。
3. 左も同様に行います。

頬のトレーニング②

1. 姿勢よく座ってから、下唇を上唇にかぶせて、口角を上げます。
2. そのままあごを突き出して、のどを伸ばす。10秒間キープを2セットしましょう。

顔全体のトレーニング

1. 頬を膨らませて5秒間キープし、さらに頬をすぼませて5秒間キープ。これを5回繰り返します。
2. ゆっくりと首を回します。反対にもゆっくり回します。

表情筋の筋トレは1人の時でないとやりづらさを感じるので、入浴タイムなどを活用するとよいでしょう。

フェイスラインをキレイに保つ習慣

筋力は使わなければ衰えるもの。「たまに顔のトレーニングすればいいや!」ではダメです。トレーニングに加え、毎日の生活に少しずつでいいので下記の習慣を取り入れていきましょう。

・姿勢を正しくする
・鼻呼吸を心がける
・喫煙をしない
・塩分を摂り過ぎない
・ビタミンCとカルシウムをたっぷり摂る
・就寝時は仰向けで

また、この他にも「スマホに依存しない」ことも大切。夢中になって下ばかり見ていると、いつの間にか顔のたるみや首のシワができたり、二重あごになったりするので要注意です。

表情筋を鍛えてスッキリ美人に

顔の表情筋を使わないでいると、その分衰えが早くなってしまいます。だから、普段から表情豊かににこやかに過ごすようにするのがオススメ。周りの反応もきっと良くなるはず♡

記事に関するお問い合わせ