無料の会員登録をすると
お気に入りができます

カップルの絆を強くする♡良い喧嘩のルール7つ

2019年9月
恋愛・結婚

喧嘩の仕方次第で2人の絆は強くなる!

PhotoAlto/Frederic Cirou / Getty Images

喧嘩は彼と戦うためではなく、お互いにもっとわかり合うためにするものですよね。仲のいいカップルほど喧嘩のあとの絆が深くなる「喧嘩のルール」が存在します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

ラブラブカップルの喧嘩の流儀

(1)相手の話を最後まで聞く

Klaus Vedfelt / Getty Images

どんな状況であったとしても、相手の意見はしっかり最後まで聞きましょう。彼のことをもっと理解し、自分にも悪いところがなかったのか、今後の2人の関係を強くするために相手の意見を聞くことはとても大切なことなのです。

(2)昔の話を持ち出さない

LightFieldStudios / Getty Images

昔の話を持ち出すのは絶対にNG。嫌なことや不満はまとめて爆発させるのではなく、怒ってしまうくらいのイライラになる前に彼に話してみましょう。それに「なんで今それ言うの」と、ケンカをヒートアップさせる火種になってしまうので注意です。

(3)お互いに妥協できる部分を探す

nd3000 / Getty Images

育ってきた環境・教育・親の影響などが違うのですから、「全部一緒」ということはあり得ません。どちらにも、相手を許す寛容な心が必要になってきますね。相手の事を理解してあげられる部分をお互いに出して、妥協点を探ってみましょう。

(4)ヒートアップしたら少し休憩

Westend61 / Getty Images

ヒートアップしてくると、どうしても冷静に物事を考えられなかったり、相手を打ちのめしてしまうような言葉使いをしてしまう可能性が。つい言ってしまった一言で、喧嘩が長引いたりもっと深刻な問題になったりします。

KristinaJovanovic / Getty Images

そうなってきたら気持ちをリセットするために、ちょっと散歩に出かけたり別々でご飯を食べたりして、お互いに頭を冷やしてみましょう。外の空気に触れて少し落ち着いたら、彼にまた優しい言葉をかけられるかも。

(5)喧嘩中の「別れる」は禁止

anyaberkut / Getty Images
記事に関するお問い合わせ