無料の会員登録をすると
お気に入りができます

〈ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ〉のクリスマスケーキ&スイーツ。

グルメ

大人のクリスマスをイメージした4種類のケーキ。

〈ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ〉の2019年のクリスマスケーキは4種類。德永純司シェフは、シンプルな中に味のバランスや口溶けのよさを重視してケーキを作っているそう。

「クリスマスショートケーキ」直径15cm 4,800円/直径18cm 7,200円。

まずは王道! 大粒のいちごがのったショートケーキのクリスマスバージョンです。ファミリーでのパーティーはもちろん、たくさん人が集まるパーティーでも間違いなしのケーキです。

軽さとコクを併せ持つ生クリームと、きめが細かく弾力もあるスポンジケーキが舌の上でとろけるよう。德永シェフのショートケーキにはリピーターが多いというのも頷けます。

「フレジェ」 11cm×11cm 4,800円 。

こちらもいちごがふんだんに使われている「フレジェ」。赤いいちごの断面が華やかでプレゼントボックスのよう。艶やかなコーティングの上に飾られた雪の結晶もエレガントです。

クリームと大粒のいちごをサンドしているのはアーモンドが入ったスポンジケーキ。バタークリームとカスタードクリームを合わせたクリームは、リッチな口どけ。

「フォレノワール」 10cm×11cm 4,800円。

チョコレートケーキ派には「フォレノワール(黒い森)」。ドイツ南西部のシュヴァルツヴェルト(ドイツ語で黒い森を意味する地名)特産のチェリーを使用したチョコレートケーキです。

ほのかに苦味のあるチョコレートクリームとシロップ漬けのチェリーを挟んだスポンジの上には、雪のように白いバニラクリームとシャンティクリームの2種類が重なっています。ヨーロッパの冬の森を思わせるムードたっぷりのクリスマスケーキです。

「マロンポワール」直径14cm 4,800円。

「マロンポワール」は、全部で5層の生地が重なったケーキです。同じマロンでもムース、クリーム、スポンジと、味も食感も異なる生地の中央に洋梨のジュレが隠れています。

口に含んだ瞬間にやさしく広がるムースの溶け具合が絶妙! 洋梨のジュレのハッとさせられるような酸味が全体を引き締めています。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ