無料の会員登録をすると
お気に入りができます

7つの古寺で御朱印集め♪「尾道七佛めぐり」でより深く町を楽しもう

旅行・おでかけ

レトロな町並みと美しい瀬戸内の風景。坂道と路地の町「広島・尾道」は、多くの人びとを惹きつけてやみません。食べ歩きやカフェめぐりなど、この町を旅する楽しみはさまざまですが、町歩きが好きな方におすすめなのが「尾道七佛めぐり」。7つの御朱印を集めて満願成就を目指す、詩情ゆたかな古寺めぐりコースです。

町歩きしながら、古寺とご縁を結んでいく「尾道七佛めぐり」

瀬戸内の海や山々の風景、斜面にひしめく建物が、特徴的な景観を作り出している「広島・尾道」。そんな尾道の町をより深く楽しむことができるようにと、7つの古寺が宗派をこえてご縁を結んで実現したのが「尾道七佛めぐり」です。それぞれのお寺で御朱印をいただいて「満願成就」を目指す町歩きコースで、この町の魅力をより深く楽しむことができます。

この「尾道七佛めぐり」をはじめる際には、最初のお寺(持光寺)で、専用の朱印色紙(800円)を購入しましょう。この色紙に、それぞれのお寺で御朱印(ひとつ300円)をいただいていきます。7つすべてのお寺で御朱印を集めると、「大願成就」の御朱印が押されて色紙が完成します。

7つのお寺では、それぞれ異なるパワーストーンも販売。これらをすべてつなぎ合わせると「お守りブレス念珠」のできあがり。別途「ブレス念珠の作り方セット(300円)」が必要になりますが、完成すると思い出の品になってくれます。

七佛めぐりはじまりのお寺「持光寺」

「尾道七佛めぐり」で、まず最初に訪れるのは「持光寺」。鳥羽法皇の命によって、その子・近衛天皇のご息災を祈願して作られたのだとか。そのため、延命祈願のご利益があるお寺だと言われています。別名「あじさい寺」とも呼ばれ、梅雨の時期には、あじさいの花が美しく咲き誇ります。

見どころのひとつは、裏山の日輪山から切り出された36枚の花崗岩で作られている「大石門」。この門をくぐると寿命が延びるといわれているパワースポットです。

この「持光寺」で有名なのが「にぎり仏」。棒にさした粘土をぎゅっと握りこんでかたちを作り、それに顔を描くことで仏さまを作ります。これで、世界にひとつだけのマイ仏さまのできあがり。一般客も体験できて、作ったあとはお寺で焼き上げて自宅まで郵送してくれますよ。

持光寺(ジコウジ)

三重塔越しに見る風景が美しい「天寧寺」

続いて向かうのが曹洞宗のお寺「天寧寺」。本堂の左側に祀られている釈迦の弟子のひとり・賓頭盧(びんずる)の仏像は「さすり仏さん」とも呼ばれ、自分が患っている場所と同じ場所をなでると治ると伝えられています。しっかりお祈りをしてなでてみましょう。

敷地内にある「三重塔」とそのバックに見える風景は、尾道を代表する景観のひとつです。

天寧寺(テンネイジ)

尾道水道の絶景が一望できる「千光寺」

標高140m、千大宝山の中腹にある真言宗のお寺「千光寺」。境内からは、尾道の本州と向島を隔てている尾道水道の絶景が一望できます。別名「赤堂」と呼ばれる本堂は、この地域では珍しい舞台造りの建築物。33年に一度開帳される秘仏・千手観世音菩薩が収められています。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ