無料の会員登録をすると
お気に入りができます

今の季節にぴったり♡「シャツ・デニム・スウェット」コーデの袖ロールアップテク

2019年10月
ファッション

かわいくてかっこいい。袖のロールアップ♡

wear.jp

ちょっと動くと汗をかいてしまう今の季節。でも朝晩が涼しいと長袖を選びますよね。そんな時におすすめしたいのが"袖ロールアップ"。そこで「シャツ・デニム・スウェット」それぞれのコーデに合わせた袖のロールアップ方法をご紹介します。

シャツの袖をロールアップ

カフスの幅に合わせてロールアップ

wear.jp

カフス幅に合わせて3回ほどロールアップすると、ちょうどひじより少し下の袖丈になります。きれいに折りたたんでいくので、途中で袖が落ちてくることもありません。トップス・ボトムスが同系色の時は、袖のロールアップによって肌が見えて抜け感が出せますよ。

ルーズにふんわりとロールアップ

wear.jp

あえてきちっと折りたたまずに、ルーズにくるくると袖を丸めるようなロールアップの仕方です。カジュアルなスタイルでもこのロールアップなら女性らしい柔らかい雰囲気を出せます。また、しわになりにくいので、外出先で袖を下ろすこともできますよ。

ちょい袖上げ

wear.jp

カフスボタンを留めたまま、ひじ下まで袖を少し上げるだけでもだいぶ印象が変わります。軽く上げただけなので動くと袖が落ちることもありますが、あえてその程度のゆるいスタイルもおしゃれに仕上がります。特にロングシャツは重い印象になりがちなので、上手に肌見せしてみてくださいね。

アバウトなロールアップ

wear.jp

カフスの幅やロールアップする方向にこだわらず、手首より少し上のあたりに袖先をひっかけるタイプのロールアップ。コーデュロイ素材などの厚めの生地の場合、軽く引っかけるだけでロールアップになりますよ。

広めの幅のロールアップ

wear.jp

ビックシルエットのシャツはかわいいけど、なんだか重たく感じることも。そんな時は、広めの幅で袖を折りたたんでロールアップしてみましょう。折りたたんだ部分がワンポイントとなり、コーデのアクセントにもなりますよ。

記事に関するお問い合わせ