無料の会員登録をすると
お気に入りができます

体も頭もスッキリととのう!女性に嬉しい“サ活”のススメ

2019年10月
美容

疲れているときは休んでから

Laetizia Haessig / EyeEm / Getty Images

疲れているからサウナでリフレッシュしよう、と温泉感覚で行くのもNG。サウナは体力を消費し、むしろ疲れます。疲れているときは、サウナに入る前にしばらく休みましょう。無理をしないのが一番大切です。

最初に足だけ温めるのもあり

Michael H / Getty Images

サウナに入る前に温浴施設があるのであれば、先に足を温めるのがおすすめ。足を温めると全身の血行が良くなり、発汗もしやすくなります。

体をよく洗う

torwai / Getty Images

サウナは体が触れる場所。温泉に入るときと同じマナーで、体を清潔にしてからサウナ室に入りましょう。また毛穴の汚れを取り除くことで、発汗しやすくなるというメリットもあります。

かけ湯をしてから体を拭く

湯船に浸かる前と同じように、かけ湯をするのもおすすめ。ただし、体が濡れたままサウナ室には入らないこと。体についた水分が蒸発するときに、体温を奪ってしまい、汗をかきにくくなってしまいます。

KristinaJovanovic / Getty Images

かけ湯をして体を拭いてから、サウナ室に入りましょう。

サウナの入り方~サウナ室~

リラックスできる体勢になる

サウナ室に入ったら、椅子に座るように着席してリラックス。人がいないなら同じ段に足を伸ばす座り方もリラックスできます。ベストな体勢は横になること。体を均一に温められます。※周囲に人がいる場合は、公共マナーを優先しましょう。

bernardbodo / Getty Images

横になるなら、サウナ室を出る1~2分前には座る姿勢に戻りましょう。いきなり起き上がるとふらついて危ないです。他に人がいるなら迷惑がかからない体勢に。静かに穏やかに過ごしましょう。

手持ちのタオルで汗を拭く

miljko / Getty Images
記事に関するお問い合わせ