無料の会員登録をすると
お気に入りができます

仕事ができる人の共通点!“要領が良い人”の特徴6つ

ライフスタイル

“仕事ができる人”は要領が良い!

何事も要領が良いと、物事がスムーズに進みます。特に、仕事となるとその差がはっきりしますよね。要領が良い人と悪い人では、同じ仕事をするにも、それにかかる時間やエネルギーが大違いです。

“仕事ができる人”というのは、要領が良い人がほとんどです。そんな仕事ができる要領の良い人の特徴と習慣をご紹介します。お仕事しているみなさん、ぜひ参考にしてみてください。

要領が良い人の特徴と習慣って?

①完璧を求めない

要領が良い人は完璧を求めません。完成度や質の高さを求めることは大切ですが、完璧を求めてしまうと、すべて完璧にこなさなければならず、限られた時間の中で成果を出すことが難しくなってしまいます。

なので、“求めるレベルは高いけど、ちょうどいいバランスで仕事をする”ことが大事になります。要領が良い人は、そういったバランスをとるのが上手なのです。完璧を求めてしまう人は、少し気を楽にしてみましょう。

②必要なことの取捨選択が得意

要領が良い人は必要なこととそうでないことの取捨選択が得意です。必要なこと、こだわらないといけないことに時間を多く使い、そうでないことには時間をかけません。そうすることで、スムーズに仕事ができるのです。

この線引きが上手くできるかできないかが重要です。間違えた選択をしてしまうと、大きなミスにつながります。どうすればいいかわからない人は、先輩や仕事ができる同僚の行動を見て、そこから学ぶことも大切です。

③優先順位をつけるのが得意

要領が良い人は、取捨選択が得意なのと同時に優先順位をつけるのも得意です。取捨選択ができるということは、何が必要で、何が不必要がわかるので、自然と優先順位をつけることができるのです。

仕事は限られた時間の中で作業をするのが基本です。でも、“時間がない”と思うのは、みんな同じです。時間がない中で終わらせるためには、優先順位をつけて、優先度の高いものから進めていきましょう。

④考え過ぎずにできることから始める

要領が良い人は、物事を深く考え過ぎず、シンプルに捉える傾向があります。どんな案件でも、物事を分解して考えることで、1つずつが簡単なタスクのように考えられるのかもしれません。

記事に関するお問い合わせ