無料の会員登録をすると
お気に入りができます

京都・嵯峨嵐山に新しく〈福田美術館〉が誕生!コンセプトは「100年続く美術館」

旅行・おでかけ

〈福田美術館〉空撮全景

2019年10月1日、京都に新たな美術館がオープンします。その名は〈福田美術館〉。古くから多くの貴族や文化人に愛され、現在は観光地として栄えている嵯峨嵐山に誕生です。

「100年続く美術館」をコンセプトにオーナーである福田吉孝氏の生まれ故郷であり、現在も住んでいるという京都に恩返ししたいという想いで創建された同館。

エントランスロビー

「縁側」のような廊下

「蔵」をイメージした展示室

「網代文様」をもとにデザインされた美しい外壁ガラス

建物は伝統的な京町家のエッセンスを踏まえつつ、100年後も通用するような洗練されたデザインに。周辺の自然に溶け込む外観、「蔵」をイメージした展示室、「縁側」のような廊下、「網代文様」から着想された壁面ガラスなど、随所に日本的な意匠が散りばめられています。

大堰川対岸の桜越しに望む〈福田美術館〉

嵐山を映し出す「水鏡」となる大きな水盤

「渡月橋」が最も美しく見えるカフェ

庭には大きな水盤があり、目前を流れる大堰川(桂川)に連なる水鏡のごとく、嵐山を映します。館内には、この地のシンボルである渡月橋を一望できるカフェも併設。

気になるコレクションはというと、江戸から近代にかけての錚々たる有名画家の作品や幻のコレクション約1500点を所蔵。「たとえ美術に詳しくない方が見ても、感動を与えられるような」作品が集められています。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ