無料の会員登録をすると
お気に入りができます

気品ある雰囲気に誰もが釘付け♡彼から長く愛される「上品な女性」の特徴4つ

ライフスタイル

言葉遣いが綺麗

stock.adobe.com

今は若者だけではなく、大人まで「それな!」「ヤバいね」のような若者言葉を話しはじめるようになりました。確かに分かりやすい言葉ですが、品性があるかどうかは、また別の話です。

上品な女性になりたいと願うなら、できれば若者言葉は早めに卒業して、言葉の語彙力を増やしたり、話し言葉にまで品性がでるように意識したりするだけでも、印象が変わるでしょう。

彼も毎回「ヤバい!」と言われると、どこか居心地の悪さを感じるかもしれません。話す言葉を意識すれば、全体の雰囲気までもが少しずつ変わりはじめるはずです♡

電車で移動しているときも、座っている姿が美しい

stock.adobe.com

先日、筆者がとある場所へ向かうために電車に乗っていたときのことです。スカートを履いているのに、センターが見えてしまっている女性がいました。

スマートフォンを操作しているうちに、家に居る気分になってしまったのでしょうか。太ももが大きく開いてしまっていることに、本人はまったく気がつきません。

別の日に電車に再び乗ると、今度はスカートのスリットの部分が見事に中央に来ていて、真ん中が三角形に割れてしまっている女性がいました。下着が見えてしまっている状態で、見ているこちらが罪悪感を覚えてしまうほどでした。

上品な女性は、おそらくこういった姿は見せないように工夫するでしょう。そもそも、いくら移動中とはいえ、センターが見えるほど足を開くというのは、とても品性があるとは言えません。

電車で移動中であっても、どこにいようとも、姿勢や佇まいをちゃんと意識することで、自然と品性は身についてきます。

年相応のファッションで、あまり露出もしない

stock.adobe.com

上品な女性は、きっといつも自分の年齢を意識しています。いくら脚が綺麗であっても、いつまでもミニスカートを履いているのは、もしかしたら人によっては大人気ないように見えちゃう場合も。

ファッションは個性を示すものなのかもしれませんが、働いている以上、TPOに合わせたファッションを意識するのはマナーでしょう。

露出が多すぎるファッションも、段々と合わなくなってくるはずです。新しい洋服のアイテムを足すときは「年相応」を意識すると、今の自分に合ったものだけを選べるように。

ありがとうの気持ちを手紙で伝える

stock.adobe.com

周りの上品な女性たちを観察していると、皆さん「筆まめ」です。贈り物をすると、LINEやメールだけではなく、きちんとお礼状を書く人もいます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ