無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ニトリのごはん保存容器が、美味しく保存できるワケは?

レシピ

残ったご飯や大目に炊いたご飯を、冷凍して保存しているご家庭は多いかと思います。今回はご飯を1膳分ずつ冷凍保存するのに便利な「ごはん保存容器」(370円)を、SSS-Styleでフード部門を担当している調理師のタナカ*タカコさんに紹介していただきました。

シンプルな白蓋がうれしい

これまでもご飯を1膳ずつ保存できる容器は販売されていましたが、ふたの色がカラフルなものが多かったように思えます。今回ニトリで購入したごはん保存容器は、シンプルな白色のふた。キッチン用品をシンプルな色合いでそろえたい人にはうれしいですね。

底の出っ張りが、おいしい解凍の秘訣

ラップで包んでご飯を保存した場合、レンジで加熱しても部分的に解凍できないところがあった経験はありませんか?また、解凍したごはんをお茶碗に移すときにこぼしてしまったり、見た目の悪さを感じたことはありませんか?

ニトリのごはん保存容器は、凸型の底になっていて、ムラなく均等に加熱することができます。さらに、保存容器自体が円形なので、そのまま逆さにしてお茶碗に移すことができます。

容器が熱くなっていますので、やけどをしないように注意してください。

マスキングテープで、保存日の記録

ご飯1膳分(約150g)を計量して入れてみました。ふたをしてもご飯粒がつぶれることはなく、ふんわりとしたまま保存できそうです。

我が家では、マスキングテープを貼って、ご飯を炊いた日付と、容量を記載しています。
容量を記載しておくことで、その日の体調や食欲で自分で食べたい量を選べるので、おすすめです。

そのほか、マスキングテープにご飯の種類(玄米・雑穀など)を記載するのよいかもしれません。

解凍したごはんでおにぎりも

レンジで解凍したごはんをラップの上に取り出し、凹みの部分に具を入れておにぎりを握るのもオススメです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ