無料の会員登録をすると
お気に入りができます

衣替えの季節がやってきた!注意点とコツを総おさらいしちゃいます♡

いよいよ10月になって夏服ともしばしのお別れをしないといけない季節がやってきましたね!そこで今回は衣替えをする際のコツと注意点を総おさらいします。

2019年10月
ライフスタイル

衣替えの季節がやってきた!

Milkos / Getty Images

夏服を収納しないといけないこの季節。とはいえ、「このやり方でいいのかな?」、「正解が知りたい!」と思っている人も多いのではないでしょうか?今回は衣替えで押さえておきたい注意点とポイントをご紹介します。

ここに気をつけて!衣替え4つの注意点

①汚れが残っていないかを確認

Minerv / Getty Images

洋服を収納する時に最初に確認するべきことは、「服に汚れがついていないか?」です。たとえ小さな食べこぼしでも、そこから虫食いにあったりすることも。そうなる前に、しっかりと汚れを確認して、もし汚れが見つかったら、徹底的に落としましょう!

②来年着るかどうか?を考えて

metamorworks / Getty Images

収納する前に確認しないといけないことはもう一つ。「来年もまたこの服を着るかどうか?」です。着るかもしれないから念の為置いておくという考え方は捨てて、来年も必要かどうかを基準に整理しましょう。

③詰め込みすぎはNG

mariakraynova / Getty Images

「まだまだ入る!」と思って、洋服を片付ける時についつい詰め込みすぎてしまうことはありませんか?その行動、実はNGなんです。洋服は詰めすぎてしまうと、シワの原因にもなりかねません。そのため、収納用品の80%を目安に詰めるようにしましょう。

④防虫剤は引き出しの1番上に置く

Photoboyko / Getty Images

洋服をしまう時に防虫剤を入れますよね。この時、その防虫剤をどこに入れていますか?正解は、収納容器に服を入れた後、上にのせる方法。防虫剤は上から下へと効果を発揮するので、入れる場所を間違ってしまうと無意味になってしまうので気をつけてくださいね!

これができると◎衣替えのコツ4連発

①夏服の中でも細かく分類しよう

Natee Meepian / Getty Images

夏服を収納する時には一気に入れてしまうのではなく、素材、用途ごとにまずは分類しましょう。洋服は物によって適切な収納方法があるのです。また、用途ごとに分類する際には春〜夏にかけて着る服・真夏に着る服・夏のアウターというように分類しておくと、取り出しやすくなります!

記事に関するお問い合わせ