無料の会員登録をすると
お気に入りができます

知れば私の未来が変わる!老化を加速させるAGEって?

美容

AGEは「こげつき」のなれの果て

私たちの体はたんぱく質でできていて、それが適材適所で機能することで健康が維持されています。このたんぱく質の機能は、歳をとるにつれて劣化していきます。それに関係しているのがAGEです。

AGE(Advanced Glycation End Products)は、たんぱく質に糖がベタベタとこびりついて、体温であたためられ焦げついていくこと(糖化)によってできる物質の総称です。日本語では、「終末糖化産物」といいます。

糖も体にとって欠かせないエネルギー源です。しかし、とりすぎて血液中に余ってしまうと、たんぱく質と糖が結びついて、最終的にAGEとなってしまいます。
じつは、AGEは体内でつくられるだけではなく、食べものや飲みものにも含まれています。AGEをたくさん含んだ食べ物を口からとり込むことでも、AGEがたまっていくのです。

サビとコゲの関係は? 酸化と糖化は老化のスパイラルを引き起こす

老化といえば「酸化」を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。酸化は、体内に入った酸素から発生した活性酸素が、細胞を傷つけることで起きる現象。いわば「サビ」です。このサビを引き起こす「活性酸素」を無毒化するのが「抗酸化酵素」と呼ばれるものです。
ところで「抗酸化酵素」は、タンパク質からできています。よってこれらが糖化しAGE化していくと、本来の力を発揮できなくなり酸化が進んでしまいます。

一方で、酸化によって糖化が進むこともわかっています。つまり、サビが進めばコゲも進み、コゲが進めばサビも進むということ。酸化と糖化は老化のスパイラルを作り出してしまうのだといえます。

シワ・たるみ・シミを作り出す美容の大敵AGE

肌のハリを保っているのは、主にコラーゲンというたんぱく質。皮膚のコラーゲンもAGE化すると機能が低下してしまい、ごわごわのゴムのようになってしまいます。それが、シワやたるみの原因になります。

また、シミの原因となる紫外線は、AGEを肌にたまりやすくします。それだけではありません。AGEそのものが紫外線のようにシミを作り出してしまうのです。

しかも、AGEは髪をつくる細胞にも影響し、薄毛の原因になることもわかっています。なかでも、女性によく見られる頭頂部の薄毛に関係していると考えられています。

AGEは健康寿命を縮める

AGEが増えていくと体内のたんぱく質の機能が落ちていき、さまざまな病気が引き起こされます。糖尿病やがんの発症にもAGEが深く関係していることがわかっていますし、AGEがたまると骨や関節がボロボロになってしまうことも知られています。そのほか認知症や歯周病、白内障、不妊症など、多くの老年病にAGEが関与することが報告されています。

美容面でも健康面にも悪影響を及ぼすAGE。たしかにAGEは加齢にともない、たまってくる老化物質であるため、この過程を完全にストップさせることはできません。でも、AGEのたまり具合は、食習慣や生活習慣の違いで大きく変わっていきます。じつは老化スピードを加速させるのも減速させるのも、自分しだいなのです。だとしたら、すぐにでも効果的なAGE対策をしていきたいですよね。次回からは、AGEを減らすための具体的な方法について説明していきます。

取材・文/大内ゆみ  イラスト/黒川ゆかり

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ