無料の会員登録をすると
お気に入りができます

これは消費税8%のまま♡軽減税率対象アイテムまるわかりリスト!

2019年10月
ライフスタイル

どれが軽減税率対象商品?

食品と新聞のみが8%のまま

税金が10%になりましたが、引き続き8%のままである「軽減税率対象商品」をご存知でしょうか?

Tom Werner / Getty Images

基本的には軽減税率が適応されるのは、食料品と新聞(1週間に2回以上発行されていて定期購読しているもの)のみになりますが、みりんや調理酒、栄養ドリンクなど成分により軽減税率対象外商品もあります。

外食は判別が難しい

外食においては店内飲食の場合は10%、テイクアウトの場合は軽減税率が適応され消費税8%のままとなります。しかし店舗によっては税率が異なるので注意したいところ。

Maskot / Getty Images

また、フードコートの利用は外食にあたるの?など日常生活でも判断に困ることもあるかと思います。そこで、「軽減税率対象商品」をまとめてみました。ぜひこの機会に一緒に疑問を解決していきましょう。

保存版♡軽減税率対象商品リスト

Q.ネットでの食品購入も軽減税率対象?

実店舗やインターネットなど購入場所は関係なく、食用として販売されている物が軽減税率対象となります。しかし栽培目的で購入した植物の苗木や、掃除用と記載されている重曹などは10%の消費税がかかります。

Image Studios / Getty Images

軽減税率対象の食料品(消費税8%)

〇生鮮食品(お肉や野菜牛乳など)
〇加工品(缶詰やお菓子など)
〇飲料水(ミネラルウォーター・コーヒーなど)
〇アルコール度数1%未満のもの(みりん風調味料・ノンアルコールビール・甘酒)
〇食用の重曹

対象外の食料品(消費税10%)

×アルコール
×料理酒(みりん・日本酒・ワイン)
×ペットフード
×保冷用氷・ドライアイス
×水道水
×果物や植物の栽培用の種子・苗木
×サプリ・栄養ドリンク(医薬品・医薬部外品等の表示があるもの)

Q.おもちゃ付きのお菓子はどうなるの?

A.おもちゃ付きのお菓子や福袋など、食品と雑貨がセットになって販売されているものは、「税抜き価格が1万円以下で食品の占める割合が2/3以上」の条件を満たしている場合のみ、軽減税率の対象となります。

記事に関するお問い合わせ