無料の会員登録をすると
お気に入りができます

“ロングヘア”が似合わない理由&似合うようになる6つのヒント♡

ヘアスタイル

“ロングヘア”の髪型が似合わないのはなぜ?似合う人との違いって…?

女性なら一度はやってみたいロングヘア。でもいざロングヘアの髪型にしてみると「あれ、私ってロングヘア似合わないのかも…」なんて感じたことありませんか?

そこで今回は、ロングヘアの髪型が”似合う人“と”似合わない人“の違いについてまとめてみました。ロングヘアが似合わない人の理由はなぜなのか、似合うようになりたい人向けの解決策を紹介していきます。

ロングヘアの髪型が似合わない女性の特徴①顔の形が面長

ロングヘアの髪型が似合わない女性の特徴①は、顔の形が面長だから。ロングヘアは縦のラインを強調する髪型なので、面長な女性だと顔の長さが目立ってしまうことがあるんです…。ショートヘアやボブヘアと違って首のラインが隠れてしまうので、顔から首が繋がって見えてしまい面長な輪郭を余計に強調してしまうのかもしれません。

【解決策】前髪ありのロングヘアスタイルにする

面長さんがロングヘアにするなら、少しでも縦の長さを短く見せられるように前髪でおでこを隠してしまうのが似合うようになる近道です。おでこを前髪で隠してしまえばその分必然的に顔の長さを短く見せることができるので、気になっていた面長が目立たなくなるはずです♡

【解決策】巻き髪やパーマでサイドにボリュームをだす

前髪は長く残したままロングヘアにしたい…という人は、髪を巻いたりパーマをかけてサイドにボリュームを出してあげましょう。横幅を強調するような髪型にすることで、錯覚で顔の長さが目立たなくなるようにカバーできるんです。

面長さんに似合うのは【前髪あり・なし】どっち?髪型・切り方別おすすめ前髪ヘアカタログ – lamire [ラミレ] https://lamire.jp/125797

ロングヘアの髪型が似合わない女性の特徴②髪の量が多い

ロングヘアの髪型が似合わない女性の特徴②は、髪の量が多いから。毛量が多い女性がロングヘアにすると、ボリュームが出すぎてしまい頭が大きく見えてしまうことがあります。また髪の量が多すぎると栄養が行き届かずパサパサしてしまい、思い通りのシルエットやスタイリングがしにくくなることで「似合わない…」と感じてしまうのかもしれません…。

【解決策】髪の量を調整する

髪の量が多くて頭が大きく見えてしまう場合は、髪の量をすいて調節してあげましょう。髪の表面ではなく内側の量を調整すれば、見た目の形はそのまま軽くすることができます。髪の量を少なくすると髪同士の摩擦を防げたり絡まりにくくなるので、綺麗で健やかなロングヘアに近づいて髪質がよく見えるかも♡

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ