無料の会員登録をすると
お気に入りができます

もう家で焼く必要ないかも・・・!コンビニの「焼き魚」食べ比べてみた

2019年10月
グルメ

コンビニの惣菜に頼っちゃおう♡

秋の味覚を代表する「鮭」や「さば」などの焼き魚。家で作るとなると準備や片づけなど手間がかかってしまいますよね。そんな時は、コンビニにダッシュ!種類豊富なコンビニの惣菜は、忙しい日や「あと一品」が欲しい時の頼れる味方です。

今回は、セブン-イレブン・ファミリーマート・ナチュラルローソンの焼き魚のうち、「銀鮭の塩焼」「さばの塩焼」を実際に食べ比べてみました!ぜひ、毎日のごはんメニューの参考にしてくださいね。

「銀鮭の塩焼」食べ比べ

こちらが各コンビニの「銀鮭の塩焼」です。今回は、3社の焼き鮭を「身のやわらかさ」「脂の乗りぐあい」のポイントに絞り、5点満点で評価&比較しました。

①セブンイレブン「銀鮭の塩焼」

身はほどよく歯ごたえがあって、脂乗りもバランスが良い塩鮭。塩の味がしっかりとついているので、白いごはんがすすみそう!皮は小さめで苦味を強く感じるかも?150kcal、278円(税抜き)。

②ファミリーマート「銀鮭の塩焼き」

ふっくらとやわらかな身と、脂の乗った身がジューシー。パリパリとした皮が香ばしくて美味しい!鮭の皮をツマミに飲みたい方は、ファミマの塩鮭を選べば間違いなしです♡114kcal、276円(税抜き)。

③ナチュラルローソン「銀鮭塩焼」

脂が少なめで、しっかりとした噛みごたえがあります。今回の3社の焼鮭の中では、一番カロリーが低く、ヘルシー志向の方にも喜ばれそう!骨が取ってあるので、子供でも食べやすいのが嬉しい。107kal、297円(税抜き)。

「さばの塩焼」食べ比べ

各コンビニの「さばの塩焼き」がこちら。こちらも「身のやわらかさ」「脂の乗りぐあい」で比較しました。

記事に関するお問い合わせ