無料の会員登録をすると
お気に入りができます

隈研吾氏・三國シェフが手がけるレストラン〈ミクニ伊豆高原〉がオープン!

旅行・おでかけ

レストランは建築家・隈研吾氏が設計。

〈ミクニ伊豆高原〉外観。

伊豆高原駅の目の前、歩いてすぐの場所にオープンした〈ミクニ伊豆高原〉。レストランの設計は、新国立競技場を手がけていることで話題の建築家・隈研吾氏が担当し、印象的な木組みの構造体がシンプルながら力強い空間を演出しています。

〈ミクニ伊豆高原〉外観。

豊かな自然に囲まれた小高い場所に建てられた〈ミクニ伊豆高原〉は、建物外周がガラス面に。

テラス席、室内席ともに雄大な相模湾の眺望を楽しむことができます。

高く突き抜ける1本の松の木が、自然と調和する建物の姿を感じさせてくれるテラス席。

ひときわ目をひく天井の木組みは、日本ではなかなか手に入らないという最高級のアラスカヒノキを使用。木目が美しく、強度も高く、お店に近づいただけでヒノキの匂いが漂うほど香りが強いのが特徴です。

ちなみにレストランのロゴも隈研吾氏の印象的な木組みと、三國シェフの頭文字「M」をモチーフとしてつくられたのだそうです。

室内席もガラス張りになっているので、大パノラマで伊豆の絶景を堪能することが可能。和紙で囲まれた洗練された雰囲気の個室もあるので、デートや会食にもうってつけです。

三國シェフプロデュースの地中海料理はランチコース5,000円〜!

5,000円のランチコース「海の輝き」メニュー内容。

料理は〈オテル・ドゥ・ミクニ〉オーナーシェフ・三國清三氏がプロデュースし、ミクニでシェフを務めた佐々木章太氏が料理長に就任。新鮮な魚介類や伊豆の肥沃な土壌と太陽をたっぷり浴びて育った採れたて野菜など、こだわりの食材を使い、丁寧に美しく仕上げられた地中海料理を味わうことができます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ