無料の会員登録をすると
お気に入りができます

きっかけは些細なこと。男が恋の始まりを意識しちゃう4つの行動

恋愛のきっかけは、あまりにも些細なことだったりします。男性がいいなと思ってしまうのは、どんなタイミングなのでしょうか。まず相手のことを意識することから恋心は始まります。

2016年4月
恋愛・結婚

恋の始まりは大げさじゃない

ロマンティック過ぎる恋は短命だから

恋が始まるのはあまりに些細なことがきっかけだったりします。恋の始まりはロマンチックなことよりも、むしろ日常の中のささやかな事が始まりである事が多いようです。

女性にとっては何でもないことでも、男性にとっては特別なことであることも多いようです。そのきっかけを見ていきましょう。

それは付き合ってるとは言わない!明らかな「遊び」の言動

大好きな彼と付き合い始めたと思っても、なんだか彼の態度が怪しい場合は積極的に怪しんだほうがいいかもしれません。注意すべき言動をご紹介しましょう。
472

凹んでる時に、そっとお茶を淹れてくれた

優しさが染みる

仕事やプライベートで気持ちが暗くなってしまうほど凹んでいる時には、心が助けを求めています。そっと近くにお茶を差し出されたのを見て、何も思っていない人が天使かと思うほど救われます。

そっと淹れてくれたお茶がこわばった心を溶かしてくれるように感じ、それをきっかけに相手のことを意識してしまいます。

よく連絡をくれた

俺に気があるのかと思って

業務連絡だけじゃなく、他愛のない会話がずっと続いていくと、さすがに脈があるのかなと感じるようになります。頻繁に連絡をくれたり、気があるのかなと感じることが増えていくうちに、相手のことを意識するように。

女性ほど連絡の多さや小まめさがない男性でも、ずっとやりとりが続くのは、明らかにあなたに少しの好意があるからです。相手も自分と同じような気持ちを抱いていると感じると、次第に意識するようになります。

単純ですが、文面に絵文字が入っていたり、ハートマークが入っているのも意識するポイントです。

ジョークに笑ってくれた

記事に関するお問い合わせ