無料の会員登録をすると
お気に入りができます

何気ない日常が特別なものに♡感謝の気持ちを持ち続けるためのヒント6選

2019年11月
ライフスタイル

幸せになるために必要なのは「感謝」

忙しくて体だけでなく心も疲れていると、どうしても愚痴や不満が多くなってしまいますよね。そんなときはもう一度、感謝の気持ちを思い出してみてください。

Kathrin Ziegler / Getty Images

どんなことに対してもありがたみを感じられるようになれば、自然に前向きな気持ちが戻ってきますよ。ここでは、感謝の気持ちを持ち続けるために心がけておきたいことをご紹介します。

感謝の気持ちを忘れないためのヒント

①親しい人に感謝の気持ちを伝える

そばにいてくれるのが当たり前になり、家族や恋人に感謝の気持ちを伝えることが少なくなっていませんか?今度何かをしてもらったら、どんな些細なことであっても「ありがとう」と丁寧に言ってみましょう。

Remains / Getty Images

長い付き合いであれば、何も言わなくてもお互いの気持ちを理解できるかもしれません。しかしあえて口に出すと、相手への思いがより強く伝わるはず。2人の仲が深まりますよ。

②どんな状況でも前向きに!

感謝の気持ちを忘れない人は、常に身近にある小さな幸せを探すことを欠かしません。このため、例え辛い状況に置かれても前向きでいられるのです。

Westend61 / Getty Images

「でも今はそんな風に考えられない…」と思ったら、周りにいる明るくて元気な人のことを思い浮かべてみてください。その人ならどうするかなと想像してみれば、今までとは違う視点で物事を見られるようになります。

③相手の長所を探す

誰にでも優しくすると決めていても、ついついイラッとしてしまうことだってありますよね。そんなときは、相手の長所を3つほど挙げてみましょう。

jacoblund / Getty Images

悪い面ばかりを見ていると相手のことが嫌いになってしまいそうですが、感謝すべき点もたくさんあるはず。意識して良い面を探してみると、肩の力がフッと抜けて穏やかな気持ちが戻ってきますよ。

④スマホチェックでもっとポジティブに♡

毎日のスマホチェックも、感謝の気持ちを表すには絶好のチャンス!メールでお礼をしたりSNSで称賛のコメントを残すなど、できるだけポジティブな内容を書くことを心がけてみてください。

Viorel Kurnosov / Getty Images
記事に関するお問い合わせ