無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「リセットストレッチ」で垂れた“ピーマン尻”をヒップアップ!

美容

太もも裏のかたさを取れば、お尻が目覚める!

垂れて四角くなる恐怖の「ピーマン尻」になっていませんか? お尻が垂れてくるのはミドル世代からと思われがちですが、最近では若い女性もお尻が垂れてきているようです。
特にデスクワークで座りっぱなしの人や、猫背の人は要注意!

「座り仕事の人はもちろんですが、立ち仕事であっても猫背の人は、骨盤が後傾になり、お尻と太もも裏のハムストリングスという筋肉をほとんど使っていません。その結果、両方の筋肉の柔軟性が失われ、ますます動かないようになります。そんな状態でヒップアップの筋トレをしても逆効果。キレイな形のヒップにはなりません。まずは使われていないお尻を目覚めさせるために、ハムストリングスの筋肉をほぐすことから始めます」(KAORUさん)

テニスボールを使った「リリース」で太もも裏をほぐす

床に座り、脚のつけにテニスボールを置き、前後左右に動かして脚のつけ根をほぐします。ほぐすほうの脚はひざを伸ばしておきましょう。1分転がしたら、反対側も同様に。

【ボールを置くのはココ!】

テニスボールを置くのは、お尻のすぐ下、太もものつけ根です。
お尻が垂れている人は、大抵太もも裏のハムストリングスがかたい傾向があるそう。
ハムストリングスはお尻にある坐骨(ざこつ)の動きに関係するため、この部分をほぐすとかたさがとれ、お尻が伸びやすくなりますよ。

うつ伏せストレッチで、動けるお尻を育てる!

太ももの裏を伸ばしたら、お尻の機能を取り戻すストレッチをプラスしましょう!

<1>
床にうつぶせになります。手は合わせておでこの下に置き、脚はひざを外側に向けて、かかと同士を合わせます。息を吐きながら、かかとを押す→押す→さらに押す、をくり返したら、息を吸いながら脱力。これを3回くり返します。恥骨が床から浮いたり、ひざが閉じたりしないように注意しましょう。

脚を前後にブラブラ動かして、お尻の柔軟性を取り戻す!

ヒップアップに効果的な脚振りストレッチもプラスしてみましょう。

<1>
軽くつま先を開いて、イスの横に立ちます。右手はイスの背もたれに置き、体を支えましょう。

<2>
イス側とは反対の脚を、振り子のように前後にブンブン振り、左右の脚が揃ったタイミングでかかとを軽くタッチ! 腰が反らないように注意しましょう。脚はつま先ではなく、かかとを伸ばすようにするのが効かせるポイント。前後に10~30往復したら、反対側も同様に。

お腹の筋肉が伸びて、お尻の上部の動きがよくなると、ヒップラインがキレイになるだけではありません。歩く歩幅が大きく速くなり、立ったり座ったりという日常動作もスムーズになるので、カロリーを消費しやすい体に近づきます。ヒップが上がると脚が長く見えるほか、体幹も安定するようになり、姿勢もよくなってスタイルがよく見えるなどいいことずくめ。
美ボディのためにもヒップアップの「リセットストレッチ」、始めてみてくださいね!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ