無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[京都旅]レトロかわいい「堅焼きプリン」を求めて喫茶・カフェ巡り。

旅行・おでかけ

1.〈鳥の木珈琲〉

「京都散策で羽休めをしたいときにぴったりなコーヒー店。街なかにあるのが嘘のような、静かで穏やかな空気感に癒されます。香り豊かなコーヒーと共にいただきたいのがこのプリン。

自家製プリン 300円(税込)

光沢感に満ちた姿が理想的!口の中で解けていくどこか懐かしいおいしさに、一瞬で虜になっちゃいます」

きょん。さん@kyon_tokiiro
関西のカフェやスイーツを日々紹介するフォロワー7万人超えの人気インスタグラマー。訪れたカフェは延べ1,000軒以上!どこか物語を感じる写真も評判。comepass.jp/cafe

comepass.jp/cafe

(Hanako1131号掲載)

鳥の木珈琲
京都府丸太町駅

鳥の木珈琲

2.〈スマート珈琲店〉

自家製プリンセット 1,000円(税込)

《〈スマート珈琲〉へ。ここのプリンは園子さんの理想のプリンやった」「園子さんは念願のホットケーキ、でかくあけた口に茶色い三角形が次々と投げ込まれる》と、日記に登場する〈スマート珈琲店〉はいつも甘いものと共にあるようだ。昔ながらのレシピで作られるプリンは、蒸し焼きならではのプリッとした弾力が魅力。たっぷりのカラメルが卵の優しい生地を引き立てている。かつて子役時代の美空ひばりが大好きだったというエピソードがあるホットケーキも、当時から変わらないレシピで作られている。

〈スマート珈琲店〉
創業は昭和7年。ほかにフレンチトーストや、ふわふわのタマゴサンドウィッチなど卵を使ったメニューが充実。
■京都府京都市中京区寺町通三条上ル天性寺前町537
■075-231-6547
■8:00~19:00 無休
■38席/喫煙

Navigator いしいしんじさん
1966年大阪府生まれ。京都大学文学部仏文学科卒業。2009年からは二十数年ぶりの京都暮らし。2003年『麦ふみクーツェ』で坪田譲治文学賞、2012年『ある一日』で織田作之助賞、2016年『悪声』で河合隼雄物語賞を受賞。最新刊に『悪声』(文春文庫)がある。

いしいしんじ『京都ごはん日記/ある一年 京都ごはん日記2』

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ