無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ワードローブ見直し月間!「捨てるポイント」と「買うポイント」教えます♡

2019年10月
ライフスタイル

衣替えをする10月はチャンス!

台風が過ぎ、気温も徐々に下がってきて、衣替えをあわてて済ませた方の多いのではないでしょうか?春夏の間に買ったものや、昨年の秋冬に着たものを整理するなら、衣服を入れ替える10月がチャンスです。

Photo by Sarah Brown / Unsplash

捨てることをせずに新しいものを買っていけば、当然ものは増えて収納場所もなくなっていきます。毎日を自分らしくおしゃれに過ごすために、「捨てるポイント」と「買うポイント」を確認してワードローブを見直しませんか?

捨てるポイントは?

捨てるポイントはたくさんありますが、できるだけ覚えておくと実践しやすくなります。今回は5つに絞ってご紹介します。

①目立つダメージがある

dannikonov / Getty Images

取っても取りきれない毛玉やひっかけた傷、何度洗っても取れない汚れなど、見てわかるようなダメージのある服は捨てたほうがよいものです。使用頻度の高い下着やソックスからはじめると、手放しやすいですよ。

②着た時に違和感がある

Christine Schneider / Getty Images

何度か手にとるのにクローゼットに戻してしまう服ってありませんか?ちょっぴりトレンドから外れたものや、何度も着て着心地が変わってしまったもの、つい衝動買いしてしまったものなど、違和感を感じて愛着を感じないアイテムを手放す時期です。

③好きなテイストではなくなった

Photo by Heather Ford / Unsplash

ナチュラル系からフェミニン系へというように好きなファッションのテイストが変わる方もいます。「まだ着れるから」と好みでないテイストの服を着ても心はときめきません。今着たい服に焦点をあてましょう。

④1~2シーズン着ていない

William Perugini / Getty Images

1シーズン着ない服には、着心地や着回し力などに何らかの理由があります。2シーズン着ないなら、なおさらです。これからも着ない可能性が高いので、早目にリサイクルにまわしましょう。

⑤体形が変わって着られない

PeopleImages / Getty Images
記事に関するお問い合わせ