無料の会員登録をすると
お気に入りができます

あこがれの後ろ姿美人に!背中ダイエットの簡単エクササイズ3選

美容

深い呼吸で背中の張りをほぐす「肩甲骨ムーブブレス」

過度なストレスの緊張による背中の張りをほぐすには、「鼻から吸う」→「口から吐く」という深い呼吸のリズムに合わせて肩甲骨を開閉するエクササイズを行ってみましょう。

デスクワークの合間や就寝前など、背中のこりをほぐしたいときにもおすすめです。

<やり方>

<1>
足を肩幅より少し広く開いて立ちます。
体の横でひじを曲げ、息を鼻からゆっくり吸いながら、手のひらを上にして胸を開いていき、肩甲骨を寄せます。

<2>
息を口からゆっくり吐きながら胸を閉じていき、同時に腕を前へ覆いかぶさるように動かして手の甲を合わせ、指先を下げます。

これを「鼻からゆっくり吸う」→「口からゆっくり吐く」という深い呼吸に合わせて10回くり返し、2セット行いましょう。

ブラのハミ肉にアプローチ!「わき下伸ばしのポーズ」

続いて紹介するのは、片腕を伸ばしながら上体を大きくひねる動きで、わきの下から背中周りの筋肉に働きかけるエクササイズです。

ポイントは、「3秒かけて腕を上げる」→「3秒キープする」→「3秒かけて腕を戻す」というゆっくりとした動き。わきの下がじわじわと気持ちよく伸びるのを感じながら行いましょう。

<やり方>

<1>
両手、両ひざをついた体勢になります。
手は肩幅に開き、ひざは腰幅ぐらいに開いて、つま先を立てて。

<2>
左腕を伸ばしたまま、3秒かけて上体をひねり、腕を高く上げていきます。
上げきったところで3秒キープ。このとき目線は上げた手に向けましょう。
次に、3秒かけて<1>に戻ります。これを10回くり返して。
反対側も同様に。

紹介したエクササイズを行ったあと、背中がほぐれて体がポカポカと温かくなるのが実感できるはずです。肩甲骨周りの筋肉の動きがよくなると、うもれた肩甲骨が出て“天使の羽”がキレイに出てきます。
どれも簡単で覚えやすい動きなので、日常生活の合間にぜひとり入れてみてくださいね。

スニーカー13,500円、レギンス5,500円、ブラトップ3,700円、タンクトップ3,300円/すべてプーマ

撮影/山上忠 ヘア&メイク/斉藤節子 モデル/蒼木まや 取材・文/掛川ゆり

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ