無料の会員登録をすると
お気に入りができます

秋の京都はディープな京町家巡りを。[京都]伝統づく京町家カフェ&ホテル7選

旅行・おでかけ

1.【ランチ】和が息づく京町屋カフェ〈タイム堂〉/上京区

京都御苑から道路を一本挟んだ距離の場所にあり、ご近所さんからも愛されるこちらのお店は、元々時計屋さんだった築100年の京町屋を改装したカフェ、その名も〈タイム堂〉。

「オープンサンド」

野菜盛りだくさんのオープンサンド。新鮮な玉田農園の季節野菜を添えた「オープンサンド」は、パンが見えなくなるほど、さまざまな野菜がてんこ盛り!さらにさらに、+50円で温泉卵、+100円で自家製のベーコンをそれぞれトッピングすることもできます。ランチタイムでは、スープもセットになるサービスも。

「あんクロさん」

ここだけスイーツ、「あんクロさん」。餡クリームをクロワッサン生地でサンドした「あんクロさん」。今回いただいたのは、季節限定の「かぼちゃ」と「紫芋あん」の2種。さくっとした食感となめらかな餡が絶妙なバランスで、香ばしさとクリームの甘さが同時に押し寄せてくる豊かな風味がたまりません!春には、さくらあんが登場予定とのこと。

オープンサンドやあんクロさんはお持ち帰りすることも可能なので、時間がないときやおうちでも味わいたい方にはテイクアウトもおすすめです。

「ほうじ茶プリン」

まるでほうじ茶を飲んでいるかのようなプリン。口当たりとなめらかさが食べるというよりも飲んでいるような感覚で、「プリンは飲み物」というワードを体現した「ほうじ茶プリン」。添えられた黒蜜をかけると、より円やかさがアップします。

〈タイム堂〉
■京都府京都市上京区春日町426番地2
■8:00〜22:00(L.O.21:00)火休
■/www.timedou.com

/www.timedou.com

(photo&text:kyonn)

2.【甘味処】洋館風にリノベされた、雰囲気抜群の甘味処はここ。〈甘党茶屋 梅園〉/三条寺町

昭和2年創業 。河原町通沿いの、現在本店がある場所で開業した甘味処。小ぶりのみたらし団子が名物で、老若男女が集う。こちらは、街中の立ち寄りやすい場所にできた新店舗。広々とした建物は、店の表に残っていた古いタイルから発想して、洋館風にリノベーションした。みたらし団子やあんみつ、わらび餅などが一度に味わえる寺町点心880円(税込)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ