無料の会員登録をすると
お気に入りができます

1回30秒!お疲れ女子の"やる気スイッチ"をONにする5つの方法

GWが明けたあとはなんだか"やる気スイッチ"が入らないと感じていませんか?そんなときだからこそやる気スイッチは自分で上手にコントロールすべし!1回たった30秒でやる気がみなぎるとびきりのメソッド、ご紹介します。

2016年5月
ライフスタイル

5月は何だかやる気が出ない・・・

そんな時は自分でスイッチを入れるしかない!

大型連休が明けた後、なんだか仕事や家事に全然やる気が起きない…と感じていませんか?

昔から5月病という言葉があるように、5月そして梅雨に入る6月は精神的にも肉体的にも疲れのピーク!

1回30秒!あっという間にやる気が取り戻せる

だからこそ大切なのは”やる気スイッチ”を自分でONにして、モチベーションを上手に向上させる方法を実践すること。

そこで今回はたった30秒で自らやる気スイッチをONにする5つの方法をまとめてご紹介致します。ぜひチェックしてみてくださいね。

1回30秒!やる気スイッチの作動法

①正しい深呼吸を行う

やる気を出すためにはまず体の状態を整えることが大切!そんなときはまず正しい深呼吸で、やる気のスイッチをONにしてみましょう!ぜひ下記の方法を参考に実践してみてください。

<正しい深呼吸法>
1.楽な姿勢で座る
2.片手をわき腹のすぐ下のおなかの上におく。もう片方の手は胸の上に。
3.鼻から深くおなかの上の手が持ち上がるくらい息を吸い込む。胸は動かさない。
4.口笛を吹くようなすぼめた口から息を吐く。おなかの上の手でおなかが引っ込むのを感じながら息を完全に吐き出す。
5.これを3回から10回繰り返す。ゆっくりとしたペースで行う。
woman.mynavi.jp

②1日の目標を3回声に出す

あなたは毎日仕事に行く前や家事を始める前に今日1日の目標を設定していますか?もしその答えがNOなら、まずは毎日小さな目標を設定することからはじめてみましょう!

「同僚とコミュニケーションをとる」「たまった家事を全部やり遂げる」などどんなことでもOK。大切なのはそれを最低3回は声に出して唱えること。たったそれだけの行為で頭は仕事モードに切り替えられるのです。

③肩〜肩甲骨をグルグル動かす

体を動かすことはやる気スイッチをONにする上でとても大切な動作!

記事に関するお問い合わせ