無料の会員登録をすると
お気に入りができます

一度食べればやみつき!素朴でおいしいパンが人気、東京の名ベーカリー。

グルメ

〈パンのペリカン〉/浅草

創業から75年。

小ロール10個入 610円(各税込)。甘い口溶けが人を虜に。

ラインナップは主に食パンとロールパン。惣菜パンもあんぱんもないのに客が引きも切らない。一度食べればやみつきになるペリカンの魔法。

1斤380円。小型サイズの食パン。バタートーストによし、卵サンドによし。

先代社長が作りたかったのはこんな食パンだ。「理由はわからないけど無性にあれが食べたい」。その秘密は「弾力と張力」にあるという。確かにペリカンのトーストに歯を立てると、ぷちんと切れる感触がある。張りつめていたゴムがはじけるように。すると、ふわりと生地がほどけ、甘さが溶けてくる。この快感を味わいたくて何度も通う私がいる。

老舗らしいスタイル。棚に整列する居住まい正しき食パンたち。小さな食パンを「1斤」、標準サイズを「1.5斤」と呼ぶ。わかる人だけわかるという、心地いい不親切さ。それがまた下町の一員になれたようで、なんだかうれしいのだ。

〈パンのペリカン〉
取り置き可(店頭、電話にて受付)。東京メトロ銀座線田原町駅2番出口より徒歩3分。
■東京都台東区寿4-7-4
■03-3841-4686
■8:00~17:00(電話受付~15:30、売り切れ次第終了の場合あり) 日祝休(不定休あり)

〈空と麦と〉/代官山

自然栽培とは自然ありのままに育てる農法。肥料も与えない。
「本来、作物の必要とするミネラルは自然が作ってくれている。それは微生物。森に行けば、誰もなにもしてないのに、木や雑草が生えている。それと同じこと」と〈空水ビオファーム八ヶ岳〉の岡本よりたかさん。

クロワッサン 250円。自家製発酵種だけで立ち上げる。ざくっと音を立てる厚めの層がバターと麦の風味をずっしり伝える。

ベリーパン 390円。果汁と発酵の香りが出合ってまるで果実をかじるような。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ