無料の会員登録をすると
お気に入りができます

10年後も美乳でいるために♡今日から始めるおっぱいケア8選

女性であれば誰しも若々しくハリのある胸でずっといたいもの。ツンと上を向いた形の良いバストは、多くの女性の永遠の憧れですよね。どうしたら垂れ乳を改善&回避できるのか、その方法についてまとめてみました。

2016年5月
美容

もしかして垂れ乳になってきたかも?

「なんとかして胸を大きくしたい!」と考えている女性は世の中にごまんといますが、胸のサイズにかかわらずアラサー世代に突入して「あれこんなに垂れてたっけ?」なんてショックを受けている方もいるのでは?

バストの垂れ対策は今からでも遅くないので、大丈夫!今回はどうしても垂れ乳を治したい、これ以上垂れさせたくないあなたに、とっておきの秘策をご紹介します。

どうしてバストは垂れるの?

まずは、なぜバストが下垂していってしまうのか、その原因を知っておくことが大切。大きな理由は以下の3つと言われています。

1. 加齢によって垂れてしまう

最初の原因はやはり「加齢によるもの」。早くて20歳から加齢によるバストの垂れが始まっているのだとか!年齢のせいとなると悲しい気持ちにはなりますが、しっかり受け入れなければなりません。

恐ろしいことに、一度変化したらもとには戻らないとのこと。そうならないように、仮に垂れてしまったとしても、そう見えないように努力する必要があります。

2. 筋力低下とクーパー靭帯の伸び

クーパー靭帯とは、バストを支える組織の中でも中枢を担っている組織で、非常に残念なことに一度伸びてしまうと二度と縮まないという特徴が。

バストは「乳腺」「脂肪」と、それらをまとめるようにして支える「結合組織」「クーパー靭帯」からできています。バストの中には「筋肉」はないので、運動などで鍛えることができないのです。
www.wacoal-science.com

バストそのものには筋肉がないため、その周りの筋肉を鍛えてあげないと、どんどん垂れてしまうということ。特に、もともと大きなバストの方は、きちんと周りの筋肉を鍛えることも大切です。

3. ホルモンバランスの低下

ストレスや食生活の乱れによって起こるホルモンバランスの低下。バストアップには欠かせないと言われる女性ホルモンのひとつ、「エストロゲン」の分泌が減ってしまうと胸が垂れてしまうと言われています。

ホルモンバランスは、加齢による垂れの原因の一因を担っているとも言われています。年齢を重ねると女性ホルモンの分泌量が少なくなってしまうため、どうしても垂れやすくなってしまうみたい。

記事に関するお問い合わせ