無料の会員登録をすると
お気に入りができます

香木にじっくり心を傾ける特別な時間。北鎌倉・東慶寺「体験香道」

旅行・おでかけ

木々の緑が風にそよぎたくさんの自然に囲まれた北鎌倉にある東慶寺では、体験香道を催しています。普段は入ることのできない静かな茶室で、伽羅や沈香の雅な香りに向き合って日本の伝統文化に触れられてはいかがでしょうか。

足を止め、北鎌倉の風情を満喫する休日

北鎌倉駅から徒歩4分

初春の梅に始まり6月初旬のイワガラミや梅雨時のアジサイなど一年を通して四季折々の花が咲く北鎌倉の東慶寺。細い階段の先にあるかやぶきの山門をくぐると境内はおだやかな空気が漂います。本堂では坐禅、白蓮舎では写経と挿し花、茶室では香道と茶道の体験会が毎月開かれ、初心者向けの内容が参加しやすいと評判です。

木々に咲く花のほかに可憐に咲く草花も目を楽しませてくれる

体験香道が開催される茶室「寒雲亭」

木々に囲まれたしっとりとした佇まい

裏千家ゆかりの茶室・寒雲亭は、真行草の天井と櫛型の欄間のある名席です。趣のある日本建築に触れる機会にもなりますね。
体験香道の講師は武家文化の流れをくむ志野流・山田那央氏、手前は佐藤幸子氏です。
開催時間になると案内していただけるので、それまでは寄付(よりつき)で待つことにしましょう。

苔むした門を奥へと進み寄付と呼ばれる待合室に入る (右上)寄付(右下)寒雲亭

平安貴族に思いを馳せる香道

しっかりと香りに向き合って感じ取ることから、香道では香りを嗅ぐことを「聞く」と表現する

平安時代、貴族たちは香木をはじめとする薫香原料を調合して、天皇でさえ自分好みの香りを手作りし、衣服や頭髪、扇などに芳香を炷きしめていました。そのような香りの文化は、室町時代に至って香道という香りの芸術の誕生へと繋がっていきました。香道の初期の段階では複数の香木を使ってそれぞれの香りの違いを聞き分けて正解数を競う組香がとり入れられるように。今回は数百種類ある中から寝覚香を体験しました。

秋の夜長の風情にひたる組香・寝覚香

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ