無料の会員登録をすると
お気に入りができます

痩せたいけど楽しみたい!ダイエット中の飲み会と、上手に付き合う方法。

2019年10月
ライフスタイル

“痩せたい”という思いと相反して…

Photo by Yutacar / Unsplash

絶賛ダイエット中でも、仕事の宴会やクリスマスパーティー、忘年会、女子会が開催されたり、宅飲みがしたくなっちゃったり...。痩せたい気持ちは本当だけど、飲み会があるのも事実。

飲み方・考え方だけで変わる!

飲み会中の飲み方や料理、生活習慣を少し見直すだけで、罪悪感なく飲み会に参加できるようになるかも。「どうせなら、楽しく飲みたい。」そんな時に覚えておきたいポイントをご紹介していきます!

1. お酒の選び方を考えよう!

Photo by Arisa Chattasa / Unsplash

下の表は100ml当たりのカロリー一覧。「ビールのカロリーって意外と低いじゃん!」と思うかもしれませんが、“100ml”のカロリーなので、実際の摂取カロリーは、割って飲むことの多いウイスキーや、がぶ飲みしにくい日本酒の方が少なかったりするのです。

<お酒の種類> <カロリー><アルコール度数>
ビール(淡色)  40kcal  3.7%
ワイン(白)   73kcal  9.1%
ワイン(赤)   73kcal  9.3%
梅酒       156kcal  10.2%
日本酒(普通酒) 109kcal  12.3%
焼酎       206kcal  29.0%
ウイスキー    237kcal  33.4%
ブランデー    237kcal  33.4%
ラム       240kcal  33.8%
文部科学省 食品成分データベース

ビールは乾杯の1杯のみ

Photo by Julia Nastogadka / Unsplash

それでもどうしてもビールを頼みたい方も多いはず。ダイエット中は乾杯の1杯目でセーブして、低カロリーのお酒にシフトチェンジしてみましょう。2杯目以降はハイボールや辛口のワインがおすすめ。

宅飲みするなら糖質が少ないものを!

Photo by Element5 Digital / Unsplash

宅飲みをするときは、しっかりと缶や瓶の裏面に記載されているカロリーをチェックしましょう。最近では糖質ゼロのものがあるので、低カロリーのお酒を試してみる飲み会も楽しそうですよね!

2. 一緒に頼む料理を考える

Photo by Louis Hansel / Unsplash

飲み会となるとやはり、食べ物が最もダイエットの敵となるところ。お酒をいくら気を付けても、炭水化物ばかりのコースだとやはり太りやすくなります…。そこでまずは、食べる順番からチェック。

野菜・大豆から食べよう!

Photo by Jez Timms / Unsplash
記事に関するお問い合わせ