無料の会員登録をすると
お気に入りができます

スペシャルティコーヒーでひと息つけるとっておきカフェ。池袋「COFFEE VALLEY」

グルメ

友達と会うときに、ショッピングの合間に、一人で静かに時を過ごしたいときに…。心地よい空気感が漂うカフェは、何気ない日常をちょっと素敵な時間に変えてくれます。今回ご紹介する「COFFEE VALLEY(コーヒーバレー)」は、路地裏にひっそりとたたずむ隠れ家的なお店。丁寧に淹れてくれるスペシャルティコーヒーを飲みながら、くつろいで過ごせます。ターミナル駅・池袋から近いにもかかわらず、喧騒を離れた居心地のいい空間は貴重な存在です。オリジナルの人気メニュー、3種の飲みくらべをしながらとっておきのコーヒータイムを。

路地裏にたたずむ隠れ家のような店

JR池袋駅東口から徒歩5分。「COFFEE VALLEY」はにぎやかな表通りから少し入った細い路地にあります。表通りからは目につきにくく、知っていないと通り過ぎてしまうかもしれないようなロケーション。オリーブの木が目印の、シンプルかつおしゃれなたたずまいの建物に期待が高まります。

店内は奥行きがあり、木とタイル、コンクリートの内装が、あたたかみを保ちながらもスタイリッシュな居心地のいい空間を作り出しています。さっと飲みたかったり、電源を使いたかったりするなら1階で、ゆっくり過ごしたいなら上に行ってみましょう。

2階にはテーブル席が並んでいます。明るいので読書や書き物も集中してできそうですし、友達と静かにおしゃべりするのもよさそうです。

3階は無造作にコーヒー豆の麻袋が置かれていたり、ドイツ製の大きなロースターがあったりと、ファクトリーのような雰囲気。午前中に訪れれば、ここで豆をローストする様子が見られるかもしれません。

コーヒーへの強いこだわりが生む芳醇な味わい

「COFFEE VALLEY」は、池袋初のスペシャルティコーヒー専門店として2014年にオープンしました。その名前は、かつて水が集まる窪地だったという池袋から、よいコーヒーが育つとされる「谷」を連想して名づけられていて、地域に根差した、長く続けられる店になりたいという思いが込められています。

スペシャルティコーヒーとは、国内外のコーヒー協会が定める基準において80 点以上のスコアを獲得した豆に与えられる称号で、例えばどんな農園で栽培されたかなど、生産、加工、流通などのすべての過程が明確なものをいいます。

決して派手なことはせず、おいしいコーヒーや食べ物をシンプルなスタイルで提供するのがこの店のモットー。オーナーの小池司さんが仕入れ、焙煎を行うコーヒーは質がいいだけでなく、豆の挽き方、淹れる際のお湯の温度や量など、あらゆる段階にこだわりがあります。こうして甘みと酸味のバランスのよさを追求した、おいしいコーヒーを提供しているのです。

フレンドリーなスタッフが丁寧にコーヒーを淹れてくれます

飽きのこない魅力的なメニューの数々

「COFFEE VALLEY」おすすめのオリジナルメニューは、小さなカップに入った「3 PEAKS」(650円・税込)です。左から、エスプレッソ、エスプレッソにミルクを加えたマキアート、ペーパードリップと、同じ豆を3つの異なる淹れ方で味わえます。

濃厚で鮮烈な風味が楽しめるエスプレッソ、ミルクのやさしい甘さがほっとさせてくれるマキアート、すっきり飲みやすいドリップ。ミルクはコーヒーとの相性がいい、栃木の千本松牧場のものを使用しています。飲んでみると、同じ豆でもここまで違いが出るのかと、驚くに違いありません。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ