無料の会員登録をすると
お気に入りができます

30代から目指す。「可愛い」から「美しい」女性になろう♡

20代を過ぎ、30代へと歩んでいく時、女性として新たな魅力を発揮するにはどのように生きれば良いのでしょうか?今まで「可愛くある」ことだけ考えていた女性も、これからは「美しさ」を意識してみませんか?人生や恋愛に役立つ30代からの生き方を提案します。

ライフスタイル

30代、今までの延長でOK?

20代を過ぎ30代に突入すると、女性もそれなりに「大人」としての自覚が今まで以上に出てくる場合が多いようです。一方で、「ずっとこのままでいたい」と20代の頃の延長のように生きる女性もいます。

しかし、それでは、ふとした時に「なんだか成長しない自分」を感じてしまうかもしれません。

特に、今まで「かわいくあること」を重視してきた女性は、30代からは「美しくあること」も意識するようにするだけで新たな大人の魅力を手に入れることが出来るのです。

「可愛い」から「美しい」女性へと

では、可愛いと美しいの違いとは、具体的にどのようなことなのでしょうか?ここでは、人間関係・恋愛に役立つ、30代から身に着けておきたい新たな人生観を紹介します。

「可愛い」で許された20代

元気はつらつとして、向こう見ずな振る舞いも、20代は「そんなところがかわいい」として温かい目で周囲に見守られていました。また、ちょっとバカっぽい言動も「若いから」と許されて来たのです。

しかし、30代に突入すると、そろそろそんな振る舞いは、周囲の反応が「温かい視線」から「苦笑い」へと変わってしまうことが多くなるのです。そんな振る舞いの中で特に気を付けておきたい点をお伝えしていきます。

①言葉遣い

ギャル語や極端な省略語などを常に多用していると、20代では「若々しくて可愛い」と済まされてきても30代では「常識がない人」と見られてしまいます。

西愛梨 on Instagram: “. 昨日はラボの定例の途中で30分のハロウィンパーティーをしました🎃👻 . はしかなさんとカチューシャまさかのお揃いでびっくりした😍❤︎❤︎ . 先輩方が可愛くて目の保養でした(^-^) . 楽しかった🙆‍♀️✨企画ありがとうございました😊 . #思い出グラム #キャンパスラボ…”
instagram.com

気の置けない女友達だけで集まっている時は良いとしても、その他の場面ではしっかりした言葉遣いを心がけましょう。言葉の印象はとても大きく、正しい言葉はそれだけで気品ある美しさを感じさせることが出来ます。

②笑い方

楽しい時、可笑しい時に思い切り大笑いしている女性、20代ならこれも「元気で可愛い」と好印象にさえ映ります。しかし、30代ともなれば、馬鹿笑いのような大笑いは「品がない(下品)」と見られてしまいます。

記事に関するお問い合わせ