無料の会員登録をすると
お気に入りができます

仕事に育児に大忙し!保育園に子どもを預けるママの心得って?

子どもを保育園に預けながら、仕事をしている女性は多いですよね。仕事をしているとなかなか子どもと触れ合う時間がないけれど、親子の時間は大切です。そんな保育園ママが大切にしたい心得をご紹介します。

2016年5月
子育て

働くママの子育て事情

「子どもがいるけど仕事は続けたい」環境や価値観にもよりますが、今の女性はそう考える人が多い傾向にあります。実際に、子どもを保育園に預けて仕事をしている女性がたくさんいますよね。

仕事をしていると、専業主婦と比べてどうしても子どもと触れ合う時間が減ってしまいます。それでも、親子で過ごす時間は大切です。そんな保育園ママが心がけたいことは何でしょう。

仕事も子育ても大切♡保育園ママの心得

1.子どもの話に耳を傾ける

子どもといつも一緒にいてあげることができないからこそ、子どもが話したい時には、話を聞いてあげるようにしましょう。今日は何をした、◯◯ちゃんがこうだったなど、子どもは1日の出来事を話したがりますよね。

仕事が終わって家に帰ると、やることがたくさんあり忙しいですが、子どもの話に耳を傾けることは大切です。まだ言葉がはっきりと喋れない子どもでも、「今日は楽しかった?」など、声をかけるようにしてみましょう。

2.休みの日は子どもと一緒に過ごす

仕事をしていると、休みの日にやらなきゃいけない家の用事がたくさんあると思います。それでも、子どもと過ごす時間を多めにとるように心がけましょう。子どもにとっても自分にとっても、親子の時間は必要です。

一緒に過ごすと言っても、朝から晩までお出かけして遊び尽くすことがすべてではないです。家にいながら、ちょっとお手伝いを手伝ってもらったり、一緒にテレビを見ているだけでも大切な時間になります。

3.季節の行事を大切にする

仕事をしていると忘れがちになってしまうのが、季節の行事です。保育園では季節ごとに何かしらの行事やイベントがあると思いますが、家でも行事を振り返ったり、お祝いをすることが大切です。

子どもが豊かに成長する上で、日本の季節感あふれる伝統行事はとても大事。春なら◯◯、夏なら◯◯、秋なら…というように、子どもに日本の四季を感じさせることが出来るように、素敵な母親になりましょう。

4.体調管理に気をつける

毎日家事に育児に仕事に追われているママだからこそ、自分自身の体調管理が必須になります。ママが倒れては大変です。無理をせず、ちょっとでも異変を感じたら早めの休息を心がけましょう。

また、自分の体調以上に気を遣うのが、子どもの体調管理です。一緒にいる時間が短いと、子どもの体調の変化にも気付きにくいことがあります。保育園との連携をとって、過剰になりすぎない程度に気をつけましょう。

5.同じ保育園ママの話を聞いてみる

「家事と子育てをしながら仕事もする」それはとても大変なことで、いろいろ悩むこともあると思います。何か考えたり悩んだ時には、1人で抱え込まずに、誰かに相談してみたり話してみることが大切です。

そんな時、旦那さんや自分の母親の他にも、同じ悩みを抱えている保育園ママと話してみるのもおすすめです。他の保育園ママはどうしているのかなど、同じ状況の人の話を聞いてみるとすっきりするかもしれません。

“今”しかできないことを大切に♡

子どもと一緒いいる時間が少ない保育園ママだからこそ、限られた時間を大切に過ごしている人も多いかもしれません。どんな状況でも、子どもにとって、“今”が成長する上で大切な時間です。

愛情の与え方は人それぞれ。仕事をしていてもしていなくても、“今”しかできないことを最大限に、子どもにたっぷりの愛情を捧げていきたいですよね♡

記事に関するお問い合わせ