無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ニッポンのおいしい、いただきます! ~加賀野菜の魅力に迫る Vol.1~

レシピ

ニッポンはおいしいものに溢れている!

おうちごはんの記事では、旬の野菜や果物、新発売やご当地の調味料や食材など、今までにもいろいろなおいしいモノをご紹介してきました。
しかし、私たちの暮らしている日本には、まだまだ知られていないおいしいモノがいっぱい!

旅行先で訪れた地元のスーパーや市場、道の駅などで、「なんだこれは⁉」という初めて見る食材に出会うこともしばしば。もっともっと日本全国のおいしいモノについて知りたい! おいしいモノに出会いたい!

そこで今回、おうちごはん編集部は、新企画を立ち上げることに。
食欲&物欲旺盛なメンバーと一緒に、日本全国にある「おいしいモノ」を発見していく企画をスタートさせます!

題して『ニッポンのおいしい、いただきます!』。

その土地ならではの野菜や果物などの生鮮物から調味料、お酒など、さまざまな食材を紹介していきます。

第1弾は、「加賀野菜」

まず第1弾としてご紹介するのは、金沢が生んだ伝統野菜「加賀野菜」。
5回にわたる連載企画として、毎回旬の加賀野菜をピックアップしてご紹介します。

加賀野菜とは?

そもそも、加賀野菜とは何でしょう?

加賀野菜とは、『昭和20年以前から栽培され、現在も主として金沢で栽培されている野菜』のこと。「加賀」というのは、現在の石川県の南半部にあたる北陸道の一国「加賀国」を指します。

現在、金沢市農産物ブランド協会によって「加賀野菜」として認定されているのは、全部で15品目。

【加賀野菜15品目】
さつまいも、加賀れんこん、たけのこ、加賀太きゅうり、金時草、加賀つるまめ、ヘタ紫なす、源助だいこん、せり、打木赤皮甘栗かぼちゃ、金沢一本太ねぎ、二塚からしな、赤ずいき、くわい、金沢春菊

おいしい加賀野菜を育てる金沢の土壌

sakaidafruits.com

金沢には、海沿いと平野部の里、海沿いの砂地、河川流域という4つの土地それぞれの異なる土壌があります。つまり、4種類の土壌を備えているのです。

この土壌こそが、おいしい加賀野菜が育つためにとても重要!
その土地ならではの上質な甘みを持ってるので、様々な種類の立派でおいしい加賀野菜が育ちます。

人が手を加えていない自然の美しさ

sakaidafruits.com

加賀野菜の大きな特徴は、品種改良がされていない野菜本来の姿であること。色や形に人の手が加えられていない自然の美しさは、加賀野菜ならでは。

しかし、余計な手を加えていないからこそ、病気に弱く、栽培や品質の確保が難しいとされています。それでも、地元の農家さんができるだけ自然な環境で、大切に想いを込めて育てながら代々守り継いできた加賀野菜。金沢の土地に根ざす気候風土を味わうことができる野菜ばかりです。

Vol.1 『金沢春菊』

金沢の人々の想いがつまった加賀野菜の中から、第1回目の今回ご紹介するのは、『金沢春菊』です!

産地:金沢市三馬地区、かほく市
出荷時期:10月下旬~4月下旬

加賀野菜の『金沢春菊』は、別名ツマジロという金沢での地方名で呼ばれます。葉が広くて丸みがあり、大きなぽってりとしたやわらかい葉で、裏に少しカールしたような形状。大葉種に分類され、クセのない独特の香りとやわらかさ、おいしさが特徴です。

一般的に春菊と聞くと、葉の切れ込みの深い、スマートな春菊を連想しますよね。金沢春菊を初めて目にした方は、もしかしたら最初は春菊だと思わないかも⁉

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ