無料の会員登録をすると
お気に入りができます

猫の本音が丸わかり!? 「鳴く」「寝る」「乗る」にまつわるギモン

ペット

毎日見る愛猫の行動、当たり前のようだけどよく考えると「あれ?」とギモンに思うことも。
猫は夜行性なのに夜寝るの?
紙切れ1枚の上にも必ず乗ろうとするのはナゼ……?
など、そんなギモンを紐解いて、猫の本音に迫ります♪

「鳴く」にまつわるギモン

cat.benesse.ne.jp

話しかけるような声で鳴く猫や、逆にほとんどなかない猫。「鳴く」という行動ひとつとっても、気になることがいろいろありますよね。

猫は舌が短く、本来は鳴くのが苦手な生き物。野生時代は、獲物に気づかれないようなるべく鳴かないようにしていましたし、単独行動をするので鳴く必要もなかったといいます。そんな猫が、どうして人との暮らしの中ではよく鳴くようになったのでしょうか。

「鳴けば要求が通る」と学習した

cat.benesse.ne.jp

猫は要求によって鳴き方や鳴き声の大きさ・高さを変え、どんなふうに鳴けば要求が通るかを学習して、「効果があった鳴き方」を覚えています。そのため、それが飼い主さんにとって困る要求の場合は、グッと我慢して「知らんぷり」をすることも必要です。

性格や猫種の影響も

cat.benesse.ne.jp

一般的に、よく鳴く猫は飼い主さんへの依存心が強く、積極的な性格の子が多い傾向が。逆にあまり鳴かない猫は独立心が強く、控えめな性格といえそうです。

猫種で「おしゃべり猫」として知られているのはシャム。逆にロシアンブルーは「ボイスレスキャット」と呼ばれることもあります。

「寝る」にまつわるギモン

cat.benesse.ne.jp

猫は「寝子」といわれるほど、1日のうちの大半を睡眠にあてて過ごします。しかし、夜行性のはずなのに夜になると飼い主さんと一緒にスヤスヤ……いったいなぜなのでしょう。

飼い主さんに都合を合わせている

cat.benesse.ne.jp

飼い主さんが起きている間は、ご飯がもらえたり、遊んでもらえたりとイイコトがたくさんあるので、猫は飼い主さんと一緒に夜眠るようになりました。しかし、早朝になると「朝ごはんちょうだい!」と起こされることもありますよね。

猫は「薄明薄暮性」といわれていて、明け方と夕方にもっとも活発になる傾向があるようです。「夜中の大運動会」を開催してしまう猫は、眠る前にたっぷり遊んであげると、体力を消耗してぐっすり眠ってくれますよ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ