無料の会員登録をすると
お気に入りができます

シンプルと手抜きの違いって?夏のベーシックはこうやって制す♡

海外セレブのようなシンプルなコーディネートは日本人女性の憧れです。でも、シンプルを意識してベーシックアイテムを着ると、手抜きっぽくなっちゃう…シンプルと手抜きの違いって?そんなお悩みを解決します。

2016年5月
ファッション

人気のシンプルコーディネート♡

近年、流行にとらわれないベーシックアイテムを使ったシンプルなコーディネートに人気が集まっています。

wear.jp

注目のきっかけは海外セレブのシンプルなファッションスタイルでしたが、日本のモデルさんでも無地のTシャツにジーンズなどを着ていて、今やベーシックアイテムを使ったコーデは日本人女性にも愛されています。

ベーシックアイテムを着こなしたい♡

夏はチャレンジしやすい!

冬はベーシックアイテムを着こなすのがちょっと難しいけれど、夏ならさらっと着れるので、夏はシンプルなコーディネートを楽しみたい方も多いのではないでしょうか。かっこよく、美しく着こなしたいですよね。

でも、シンプルを目指していても、何となく手抜きに見えるかも…?お出かけコーデなのに部屋着っぽくなって、お洒落さんのようにベーシックアイテムを着こなせなくて悩む方が多いようです。

シンプルと手抜きの違いって?

そこで気になるのが、“シンプル”と“手抜き”の違いです。お洒落さんはスタイルが良いからシンプルが決まって、私はスタイルが良くないから手抜き…と思っている方は間違いですよ。

wear.jp

“シンプル”と“手抜き”の違いは、“こなれ感”にあります。ベーシックアイテムをお洒落に着こなすために欠かせない、“こなれ感”を出すコーデのポイントをアイテム別にご紹介します。

1.無地のTシャツ

自分の体に合うサイズにこだわる

無地のTシャツを選ぶときに大切なのは、デザインよりもサイズ感です。レディスのTシャツはフリーサイズのものが多いですが、フリーサイズでも形やブランドによって大きさが様々です。

ボトムスと違い、トップスは試着しないで購入する方が多いようです。デザインや生地感が気に入ったから購入する方が多いと思いますが、シンプルなTシャツこそ試着が必要になります。

試着して、フィット感を確かめましょう

Tシャツのサイズ選びは、首まわりと着丈がポイントになります。ゆったり着たいからと言って、大きすぎも良くないですし、ぴったり着たいからと言って小さすぎても良くないのです。

記事に関するお問い合わせ