無料の会員登録をすると
お気に入りができます

あなたは大丈夫?“老け見え”を招く「危険なスキンケア」とその「解消法」

2019年11月
美容

お肌の乾燥信号、見逃さないで!

笑ったときに顔がツッパる…パリパリした感じがしたら、それはお肌の乾燥危険信号。放っておくと痒みまで出てきて、一気にカサカサの粉吹き肌へまっしぐら!そんなときは早めの乾燥対策が必須です。

gyro / Getty Images

恐怖!乾燥が原因で「老け見え」に...

肌トラブルを招く根源=乾燥

PhanuwatNandee / Getty Images

乾燥は「老化」を引き起こすってご存知でしたか?お肌を守るバリア機能が低下して紫外線のダメージを受けやすくなると、シミができやすくなり肌荒れにも繋がります。さらに加齢による老化とのスパイラルに入ると、どんどん肌悩みが深刻化してしまうことに。乾燥って怖いのです。

乾燥肌を招く、間違ったスキンケアしていませんか?

byryo / Getty Images

✓ スキンケアは化粧水だけ

乳液やクリーム、美容液などたくさんあってよくわからない!という方って意外に多いのだとか。化粧水を塗布しただけでは水分が蒸発してしまい、より乾燥してしまいます。化粧水の前の導入液や後のクリームを忘れずに◎。

✓ 何度も洗顔してしまう

テカリが気になり何度も洗顔してしまうのもNG。乾燥が原因で皮脂が過剰分泌しているケースもあるんですよ。また肌に必要なバリア機能まで削ぎ落としてしまい、肌が荒れてしまうことも。しっかりと泡立てた泡で優しく丁寧に洗い、ぬるま湯で流しましょう。くれぐれもタオルでゴシゴシしないでくださいね。

✓ 強い洗浄成分のクレンジングを使っている

濃いメイクをしているわけでもないのに、オイルクレンジングが当たり前になっている方も要注意です。メイクと一緒に必要な皮脂や水分も落としてしまっているかも。また肌への強い刺激となる合成界面活性剤が大量に入っているケースも多いので、肌に優しいかどうかもチェックが大事ですよ。

大人女子は「濃いスキンケア」で高保湿が必須♡

Eri Miura / Getty Images

潤いに満ちた吸い付くような美肌は、一日にして成らず。オフィスで働く大人女子はもちろん、通勤で使う交通機関やお店など、実は一年中乾燥にさらされている過酷な環境に私達はいます。一にも二にも高保湿スキンケアを習慣化してみてください。生まれ変わった肌を実感できるはず。

LOCARI発、高濃度スキンケア「KOIME」

記事に関するお問い合わせ